top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

「TENNESSEE LOVELESS展」テネシー・ラブレスと野性爆弾くっきー登壇

ジェイタメ

色彩やパターンを用いて視覚的なインパクトを大胆に表現する、現代ポップアーティストであり世界でも数少ないディズニー公認アーティスト、テネシー・ラブレス(Tennessee Loveless)の日本初となる展覧会が、ラフォーレ原宿6F「BE AT STUDIO HARAJUKU」で6月24日(金)から開催される。「BE AT STUDIO HARAJUKU」 を皮切りに全国(池袋・名古屋・京都・大阪)を巡回するこの展覧会のメディア会見が、6月23日(木)に行われ、テネシー本人も初来日し、会場に駆けつけた。

このメディア会見に、テネシーと並びスペシャルゲストとして登壇したのは、お笑い芸人『野性爆弾くっきー!』。お笑い芸人としてキャリアをスタートさせた彼だが、いまやアーティストとして国内外で注目されており、2019年のニューヨークで開催された世界最大級の美術マーケット「Art expo New York」では、1000組を超えるアーティストの中から「最も注目する5人」に選ばれ、大きな話題を呼んだ。

会場に現れた二人は、共にキャップに上下セットアップのスタイル。初対面の両者は、互いの外見や作風にもシンパシーを感じた様子で、くっきー!はテネシーのアートを「色使いがとにかく素晴らしい。ずっと観ていられるほど魅力的。ゆっくり観てしまうから、お客さんは会場を巡るのに時間かかりますよ」とコメント。それに対し、くっきー!のアートについて感想を求められたテネシーは、「エモいですね~!」と覚えたての日本語で切り返し、会場を湧かせた。

アートは言語の壁を越えると言われる通り、世界で注目を集める彼らのアーティストとして互いの作品をリスペクトする姿勢を垣間見ることができた瞬間であった。

テネシーは私たちにサプライズを用意。それが今回の展覧会に際して、来日前に日本をイメージして描き下ろした新作『Harajuku Dreams』だ。壇上中央に置かれた新作を、テネシー自ら赤いベールを取って披露すると、現れたのは、富士山・東京タワー・ダルマ・提灯などがモチーフとして取り入れられた、カラフルなポップアート。

会場は大きな拍手に包まれ、くっきー!も「可愛い!こんな風に表現してもらえて、日本人として嬉しいです」と絶賛した。

サプライズはまだ続く。テネシーが次に用意していたのは、スケートボードに描いたくっきー!の似顔絵だ。会場に駆けつけてくれたくっきー!へのお礼として、来日後、合間を縫って制作中だそうで、完成したものは最終的にくっきー!へプレゼントするという。

広告の後にも続きます

テネシーは今回のイベントをきっかけに、くっきー!を知ったそうだが、くっきー!の作品を目にした瞬間「ひと目惚れ」し、本人の姿や佇まいが自分と重なるところもあり「大好きになった」そうだ。

「スケートボードの材質・形状に合わせて描くのが難しかったけれど、くっきー!さんのライフストーリーを勉強して描いたので、似顔絵自体は難しくありませんでした。ただ、ライフストーリーは日本語で書かれた文章が多かったので、今後はそれを翻訳しながらもっと勉強して理解して、いつかくっきー!さんの肖像画も描きたいです」と語り、最後にテネシーは「おおきに」と自ら話し場を和ませた。

「僕も似顔絵はいつも描いていますが、世界的アーティストの方に自分のことを描いてもらうのは初めてですし、とても嬉しい。めちゃめちゃハッピーです」(くっきー!)

テネシーは、日本での個展はいつかやりたかったそうで、アーティストとして活動をはじめた当初からの「夢」だったという。

最後に会場の参列者にテネシーからメッセージが贈られた。
「10年以上前から、ずっと今日という日を目標にしていたので、それが叶いました。嬉しくて感謝という気持ちしかありません。皆さんも、その一部として来場してくださったこと、本当にありがとうございます」

  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング(エンタメ)

ジャンル