top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

【3×3ワールドカップ】ドイツに惜敗、女子日本代表はプールA 2勝2敗で悔しい予選敗退になる

Jbasket

【3×3ワールドカップ】ドイツに惜敗、女子日本代表はプールA 2勝2敗で悔しい予選敗退になる

6/21(火)にFIBAワールドカップ2022が3年ぶりに開幕した。女子日本代表はプールA、上位3位が次へ進む。

POOL A:ドイツ(1)、ルーマニア(10)、リトアニア(5)、中国(26)、日本(29)

<女子日本代表>
#3 馬瓜 ステファニー (トヨタ自動車 アンテロープス)
#23 山本 麻衣 (トヨタ自動車 アンテロープス)
#32 永田 萌絵 (デンソー アイリス)
#33 中田 珠未 (ENEOSサンフラワーズ)

6/22(日本時間)に3×3ワールドカップ大会3日目が行われた。混沌となった日本がいるプールAは勝敗、直接対決、得失点差とどれも関わった2試合になった。この日は2勝して予選突破したかったが、ルーマニアに勝ち、ドイツに負けてしまって予選4位で惜しくも予選敗退という結果になった。

 

Game3
日本 🇯🇵 14-18 🇷🇴ルーマニア

広告の後にも続きます

接戦を全員で激しいディフェンスとシュートを決め切って勝利、日本が2勝1敗に

馬瓜ステファニー 5pts 5reb
山本麻衣 7pts 3reb
永田萌絵 4pts 7reb
中田珠未 2pts 1reb

激しいディフェンスに速いバスケットを展開できるか。
入りはルーマニアの連続得点から入る。日本の序盤はシュートを打つが決まらない時間帯で、そこからペイントでのステファニーの強さを見せる。更に山本の2ポイントシュートが決まり日本に流れを引き寄せる。ルーマニアはサイズが大きいのでタフな試合になるが、山本のドライブから得点、永田のリバウンドから得点とリードしていく。日本は先に7ファウル取られて我慢の時間に。お互い激しくプレーしていき接戦が続く。中田、山本のハッスルで得点していき7ファウルを取りフリースロー決めてリードから山本がドライブ。そして永田の2ポイントで一気に点差をつけて日本の得意のオフェンスを見せて、リードを保ちルーマニアに18-14で勝利して2勝1敗にする。
ディフェンスはハードワークして、オフェンスではボールを展開してシュート、ペイントにアタックと日本の強さを見せてくれた。

試合後コメント
馬瓜ステファニー
「厳しい試合だった。しっかり修正して次の試合に臨みたい。」

  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング(スポーツ)

ジャンル