top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

【7月期ドラマ テレ東編】乃木坂メンバーの初主演作やオーデ出身者のドラマ初出演まで、フレッシュな顔ぶれに注目!

asagei MUSE

 2022年7月期に放送される夏ドラマテレビ東京では心の動きを丁寧に描く人間ドラマが豊富で、主題歌がネットで話題になるなどドラマ周りのコンテンツも豊富に用意。感動や共感、思わず悲しくなってしまうシーンも多く、ハンカチを準備して涼しい部屋でじっくり味わいたいところだ。

 火曜深夜0時30分の「運命警察」(7月12日スタート)では、地上波初主演の片寄涼太(GENERATIONS from EXILE TRIBE)はもちろんのこと、これが初めてのドラマ出演にして初ヒロインに抜てきされた江藤萌生に注目したい。

 その江藤はテレ東のオーディションドキュメンタリー番組「~夢のオーディションバラエティー~Dreamer Z」で半年に渡る選考を勝ち抜き、演技経験ゼロながら優勝を果たしたシンデレラガール。まだツイッターもインスタグラムも開設していない生まれたてほやほやの女優だ。

 出演決定に際しては「ドラマの主人公という、ずっと叶えたかった夢のひとつが叶い、嬉しい気持ちと共に責任を感じています」と、初々しくも意欲を感じさせるコメントを口にした衛藤。本作では、一度死んだ者たちが所属する「運命警察」というあの世の組織が舞台になっており、あの世と現世をどう映像上で描き分けるのか、どう演じ分けるのかにも注目したい。ぜひ夜更かしして観たい作品だろう。

演技経験ゼロでヒロインの座をつかんだ江藤萌生。©テレビ東京

広告の後にも続きます

 木曜深夜0時30分の「木ドラ24枠」では、「量産型リコ-プラモ女子の人生組み立て記-」(6月30日スタート)が放送。アイドルファンと二次元ファンの両方から注目されている異色の作品だ。

 プラモデルがテーマの本作にはバンダイスピリッツが制作協力しており、実在するさまざまなプラモデルが続々登場する予定。第1話にはドラマのタイトルにもちなんだ「量産型ザク」が登場する。

 そして本作で地上波連続ドラマ初主演を飾るのが、小向璃子役の乃木坂46・与田祐希。趣味や特技もないタイプの璃子が会社の同僚から“量産型の人間”と言われたことをきっかけに自問自答し、プラモデルを通じて大人の自分を組み立てていくという成長記になっている。与田は璃子と「共感できる部分が多い」と感じているようで、その演技にも期待ができそうだ。

 オープニングテーマは「にじさんじ」所属の人気Vtuber・樋口楓の「ビューティーMYジンセイ!」に決定。放送前から多方面で話題を呼ぶ作品となっている。

乃木坂46の与田祐希が初主演作でどんな演技を見せてくれるのかに注目したい。トップ画像ともに©「量産型リコ」製作委員会

 木曜の深夜2時35分の「復讐の未亡人」(7月7日スタート)では、松本若菜が“復讐する女”を怪演してくれそうだ。前クールのドラマ「やんごとなき一族」(フジテレビ系)で演じた美保子は、超美形の松本が繰り出す“顔芸”が話題となり、“松本劇場”の虜になった視聴者も多かった。

 1月期には「ミステリと言う勿れ」(日本テレビ系)にて刑事役を務めるなどドラマ出演が相次いでおり、主役を務める本作は彼女の人気を後押ししてくれそうだ。

  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング(エンタメ)

ジャンル