top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

ベッドの上で見つめあう佐野岳&島崎遥香「これからもよろしくお願いします」<私たち結婚しました 3>

WEBザテレビジョン

ベッドの上で見つめあう佐野岳&島崎遥香「これからもよろしくお願いします」<私たち結婚しました 3>

ABEMAオリジナルシリーズ恋愛番組「私たち結婚しました 3」(毎週金曜夜11:00-11:30、ABEMA SPECIALチャンネル)の第3話が、ABEMA SPECIALチャンネルにて6月17日に放送された。

本番組は、韓国で2008年から約9年間レギュラー放送された「私たち結婚しました」を日本版にリメイクした、ABEMAオリジナル結婚モキュメンタリー番組で、シーズン3は、佐野岳と島崎遥香のペア、中田圭祐と川島海荷のペアの2組が結婚生活を送っていく。

■第3話では――

第3話では、佐野と島崎夫婦の新居でインターホンが鳴り、扉を開けると、大きなベッドのフレームや材料が置かれていた。ラブミッションとして、一緒に寝るためのベッドを組み立てる、ハードな共同作業に苦戦する。足を使いながら豪快に作業を進める島崎に、佐野は「お~、さすがぱるちゃん!まじで強い」と驚きの表情を見せる。

そして、休憩しながら出前を頼むことになり、「俺、あんまりUber Eats使ったことないからわかんないんだよね。自分で作ったり、外に食べに行ったり…」と話す佐野は、うな重のメニューを発見すると、島崎は「私ね…うなぎにうるさいのよ。出身の埼玉・川越でうなぎが有名だから」と意外なこだわりを告白する。それを聞いて佐野が「じゃあ、うなぎやめとく?」を提案すると、「Uberのいいところって、別々で頼めるところじゃん」と語り、佐野にうなぎを勧めた。

このやり取りをふり返った島崎は、「もう本当に私に合わせないでと思って…。でも、すごい気にかけてくれて、がんばってくれて、私ばかり楽してないかなと心配」と、佐野のやさしさを語った。

出前が到着して、ふたりで夕食を食べ始めると、佐野の「子どもができたらどうしたい?」との質問に、島崎は「子育てをしている自分の想像がつかない」と笑いつつ、「子どもがやりたいこととかはやれるような経済力…、お金がなくて、やらせてあげられないというのはなるべくなくしたい」という考えの告白に、佐野も「がんばりますわ」と気合いを見せ、将来の話をとおして、夫婦の絆を深めていた。

■おたがいの好きなところ

汗だくで完成させたベッドを前にハイタッチし、ミッション完了の記念として、ふたりは同時にダイブする。

夜は、ベッドの上に置かれていたラブミッションに沿って、見つめあいながら、おたがいの好きなところを3つずつ伝える。

先に佐野が島崎に対して、「うそをつかないところ、頭がいいところ、笑顔がかわいいところ」と素直な気持ちを告白する。次に島崎が伝える番になると、「え~、いっぱいありすぎて迷う…」と考えながら、そして「まじめなところ、気づかいが神様レベルなところ、Uber Eatsが初めてだったところ」という3点を列挙する。3つ目を聞いて笑う佐野に対し、「ひとり暮らしの男性って、けっこう出前を使いがちと思ってたけど、自分で作るんだよね。えらい、すごい」と感心した思いを伝えた。

佐野が「改めて口に出すと恥ずかしいね」と話すと、島崎は「素直にうれしかった」と率直な思いを告げ、その後、暗い部屋にキャンドルの明かりを灯し、初日からの思いをふり返り、ゆれる火を前に佐野は、「ぱるちゃんの人間性や根底の部分が、ちょっとだけかい間見えた、初日よりさらに共通点とか増えた気がする」と本音を告白する。

最後にふたりで「これからもよろしくお願いします」と語り、夫婦で初のベッドインをし、就寝した。

TOPICS

ランキング(テレビ)

ジャンル