top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

ニューヨーク「賞レースに振り回されていた」ブレイク前の苦悩とブレイクの“決定打”

WEBザテレビジョン

ニューヨーク「賞レースに振り回されていた」ブレイク前の苦悩とブレイクの“決定打”

レギュラー番組が次々と決定するなど、飛ぶ鳥を落とす勢いのニューヨーク(嶋佐和也、屋敷裕政)。彼らの史上最大規模となる単独ライブ「Last Message」が6月25日よりスタートする。テレビで活躍する一方、今回の単独ライブをはじめ、YouTubeやオンラインサロンなどにも力を注いでいる。屋敷によると、こうした活動を展開する背景には「自給自足していける芸人になりたかったから」との思いがあるという。そんな彼らであるが、ブレイク前を振り返り、「賞レースにすごく振り回されていた」と述べ、「俺らが売れる売れんを、なんで審査員に決められなあかんねん」との反骨精神があったことを明かす。だがその一方で、「結局、賞レースへの決勝進出で完全に売れた」とも自己分析し、「結果、賞レースやったという矛盾した気持ちもある」と笑顔を見せた。

■単独ライブは“すべて新ネタ”「一番純度の高いニューヨークをお見せできる場」

――まずは今回の単独ライブの見どころから教えてください。

屋敷:今回のライブでは、予定している8本のネタをすべて新ネタでやるつもりです。最近はテレビに出させていただく機会が増え、バラエティ番組から僕らのことを知ってくれた人も多いかと思いますが、単独ライブは、スタッフさんではなく、僕らが中心となって作り上げる“一番純度の高いニューヨーク”をお見せできる場です。テレビからニューヨークを知っていただいた方たちが僕らの新ネタを8本連続で見る機会はなかなかないはずですし、また、何回か見に来てくださっている方にも楽しんでいただけるように新しいこともやろうと思っています。

嶋佐:今年の単独はオンラインチケットもあり全国どこからでも観覧できます。だから、現地に来れないという方にも見て欲しいですし、あとは、サプライズゲストがもしかしたら出てくれるかもしれないので、そのあたりも乞うご期待ということで。

――多忙な中でネタ作りの時間はどのように捻出しているのでしょうか?

屋敷:いや、時間ないです(笑)。だから、ここからヒーヒー言うんやろうなという予感がしていて、ちょっとビビっています。

――どんなに忙しくても、やはり単独ライブは今後も大事にしていきたいという思いがあるのでしょうか?

嶋佐:そうですね。楽しみにしてくださっている方も有難いことにいてくれていると思うので。それに、単独ライブは年に1回と決めているんです。年に1回ぐらいは頑張ったほうが僕らとしてもハリがありますし。

屋敷:単独ライブがあるとバランスが取れる気がするんですよね。テレビやYouTubeでは、主にスタッフさんが考えてくれたことをプレイヤーとして演じていますが、自分らで考えて自分らでやる場所は単独ライブくらいしかありません。そういった機会がないと、芸人としてバランスが悪くなってしまうんじゃないかという危機感もあります。

■昔と全然変わった…ブレイクの実感は「ないと言ったら嘘になります」

――なるほど。ちなみに巷では「ニューヨークはブレイクした」とよく言われますが、お二人はブレイクした実感はあるのでしょうか?

嶋佐:今日、ロケで熱海に行かせていただいたんですよ。街中を歩いていると、熱海のおばあちゃんが手を振ってくれたりして。これがブレイクなのかはわかりませんが、「ああ、こういう世代の方たちにも知っていただけるようになったのか」と感慨深い気持ちになりました。

屋敷:「売れたという実感がありますか」と聞かれて「ない」と言ったら嘘になります。やっぱり、貯金の残高を見たり、移動でグリーン車やタクシーを当たり前のように利用していることをふと俯瞰で考えたりすると「昔と全然変わったな」と思いますしね。でも、みんなに知ってもらえている状態かといえば、まったくそんなことはない。ロケをしていても、女性二人にインタビューをしてみたら、一人は僕らのことを知ってるけど、もう一人は知らない…なんてことはザラにありますからね。そういった意味じゃ、まだまだやなと思います。

――ニューヨークのお二人はデビューして間もない頃、2013年に放送されたバラエティ番組「バチバチエレキテる」(フジテレビ系)のメンバーに選ばれて、比較的早く世に出てきた印象があります。あの当時、「このまま売れる」という自信はあったのでしょうか?

屋敷:「よっしゃ!売れた!」「波に乗った!」「大船に乗った!」みたいな“浮かれ”はなかったです。ただ「大事な時期が来た」とは思っていました。たとえるなら、パチンコの通常モードから当たるかもしれない激熱モードに入ったみたいな感覚ですね。「バチバチ」が終わって「ハズレ~」となりましたが(笑)。

嶋佐:あの頃は一番ワクワクしていましたね。それこそ、同期のデニスをはじめ若手何組かで「めちゃイケ」「はねトび」みたいな雰囲気の番組がスタートして気持ちが昂って、無我夢中でやっていました。でも半年で番組が終わってしまい、あっという間過ぎて何も考える余地がなかった…というのが正直なところです。

屋敷:だから「ここで売れなきゃヤバいぞ」みたいなプレッシャーはなかったです。本当にパチンコの演出を見ている気分でした。「当たったらええな~」と(笑)。

――では今は、パチンコにたとえると“確変”が半永久的に続いているような感覚ですか?

屋敷:いやいや、いつ終わるかわからないですよ。そもそも、2021年の4月からレギュラー出演中の「ラヴィット!」(TBS系)や「NEWニューヨーク」(テレビ朝日系)とか一瞬ですべて始まったので、終わる時も一瞬でバーンと全部終わると思っちゃいますね。

■“賞レースに振り回されていた”ブレイク前…「なんで審査員に決められなあかんねん」との思いも

――そもそも、お二人がブレイクするきっかけは何だったのでしょうか?

屋敷:決定打になったと思うのは、初めて決勝に進出した2019年の「M-1」です。ただその前からちょっと良い感じだったというか。元をたどれば、その年にYouTubeを始めたことと、単独ライブの形を変えたことも大きかったかもしれません。

――単独ライブは具体的に何を変えたのでしょうか?

屋敷:ずっと年に2回、ルミネとNGKで1日の単発でやらさせてもらっていたんですけど、吉本以外の外部のスタッフさんの力を借りて年に1回、複数日程でやるようにしたんです。そしたら単独でなんとなく稼げるようになって、YouTubeでも収益が上がるようになった。その結果、あまり他の要素に惑わされずに済むようになった気がします。

――「他の要素に惑わされずに済むようになった」というのはどういう意味でしょう?

屋敷:以前は賞レースだけにずっと賭けていたんです。だけど、よくよく考えたらそれって運頼みのような気もしてきて。もうちょっと自給自足というか、自力でやっていける芸人になりたかったんですよね。思い返してみれば、僕らは賞レースにすごく振り回されていました。賞レース用にネタ作りをしていたわけでもなかったのに、賞レースの決勝さえ行けば売れるとずっと5年ぐらい思っていたんです。「ラストピースは賞レースの決勝だ」と。

ところが、なかなか決勝に行けない。おまけに「なんで落ちんねん」みたいな年もある。こうした状態が続いたことで、「俺らが売れる売れんを、なんで準決勝の審査員とかに決められなあかんねん」と思っちゃったんですよね。でも結局、「M-1」や「キングオブコント」の決勝へ進出したことで完全に売れたので、「結果、賞レースやった」と、僕らの中で矛盾した気持ちがありますが(笑)。

■オンラインサロンは“自給自足の一貫”「ファンからパワーをもらえる」

――では、もう単独ライブとYouTubeだけで自給自足できるような状態になったんでしょうか?

屋敷:いやいや! 大分テレビの給料の割合が高いですよ。

嶋佐:YouTubeと単独ライブのギャラが一番少ないですね。単独は配信の収益があるけど年に1回で、それでは全然食えない。YouTubeも手伝ってくれる複数のスタッフさんにギャラを分けているので、びっくりするような額というわけじゃないんです。

屋敷:まあ最悪、テレビの仕事が全部なくなってもYouTubeだけでバイトはしなくていいかなぐらいな感じです。でも、家賃とかは今より絶対下げなアカン(笑)。

――あとニューヨークさんはオンラインサロンもやっていて、単独ライブやYouTube含めコアなファンづくりに注力している印象を受けます。

屋敷:たしかにオンラインサロンも、先ほど話した「自給自足」の一貫かも知れません。フワーっと僕らのことを知っている人が多い状態も理想ではあるんですけど、なるべく僕らのためにお金と時間を割いてくれる人を囲っておかないと、という意識もあります。

嶋佐:そういう人がいたほうがうれしいですしね。SNSで応援のメッセージを投稿してくれたり、手紙や誕生日のプレゼントを贈ってくださったりする人がいると、単純にパワーをもらえますし。仮に、フワッとしたファンしかいなかったらやってられなくないですか?(笑)。

――テレビでライトなファンを作りつつ、一方で単独ライブやオンラインサロンでコアなファンを大事するという二本軸でやられているということですね。

屋敷:はい。だからテレビだけにベットするというのは、めちゃくちゃハードなことだと思います。命綱なしというか。個人的な体感としては、僕らはたまたま何故かテレビに呼んでもらっているだけな気がするんです。

――そうなんですね。てっきり積み上げてきた芸への確固たる自負や自信があるのかと思っていました。

屋敷:いやいや。10年培ったテクニックをフルに活かしている感覚もないですし、ただただニコニコヘラヘラやらしてもらっているだけです(笑)。

■屋敷が語る結婚後の変化「女性タレントと何も思わずしゃべれるようになった」

――話は変わりますが、屋敷さんは3月1日にご結婚されたことが話題になりましたね。結婚したことで何か変化はありましたか?

屋敷:ないです(笑)。結婚したての頃は、色々な人からご祝儀をいただいたり、「おめでとう」と声をかけてもらったりと、僕の結婚でそんなにみんな喜んでくれるのかとカルチャーショックはありましたけど、3か月経った今は、結婚してないぐらいの感覚でいます、今まで通り過ぎて。

あ、でも、女性タレントと何も思わずしゃべれるようになったかもしれません。独身時代は、収録の合間に共演した女性とお話して「狙ってると思われたらどうしよう」と若干不安に感じていた部分もありましたけど、結婚してからは堂々としゃべれる大義名分を手に入れたというか。「既婚者ですから私は」という顔をして会話ができている気がしますね。だから本気を出したら飯とか行けるかもしれないです(笑)。

――それでは最後に今後の目標を聞かせてください。

嶋佐:まずは、今やらせてもらっているレギュラー、冠番組を末永く楽しくやっていきたいです。一緒に番組を作ってくださるスタッフさんには本当に感謝しかないので。

屋敷:とりあえず5年後くらいも、こうやってちゃんと機嫌よくインタビューに応えられるような状態でいたいです(笑)。

嶋佐:逆に言えばそうとしか言えないよね。

屋敷:そう。明確に「ゴールデンのMCを何本やりたい」みたいに目標設定すると、そうじゃなかった時にしんどいですからね(笑)。

TOPICS

ランキング(テレビ)

ジャンル