top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

【NOAH】さらば覇王…ノア追放決定で号泣 怨敵タダスケとの追放マッチに敗れ

プロレス/格闘技DX

【NOAH】さらば覇王…ノア追放決定で号泣 怨敵タダスケとの追放マッチに敗れ

『N Innovation』東京・新宿FACE(2022年6月23日)
敗者NOAH追放マッチ ○タダスケvs覇王×

 覇王が怨敵タダスケとの“敗者追放マッチ”に敗れ、ノア追放が決定。涙にまみれながら方舟マットに別れを告げた。

 覇王の金剛離脱を端緒に遺恨が激化し、“敗れたほうが団体を去る”条件下で激突するところまでエスカレート。序盤から張り手を振り回して「負けられない」気迫をぶつけた覇王は、パワーに勝るタダスケに押されても屈さず。足にしがみつきながら食い下がり、終盤には雪崩式フランケンシュタイナー、クラッチ式ジャーマンと大技を立て続けに成功させ、ファイヤーバードスプラッシュでトドメを狙った。

 だが、3カウントぎりぎりで肩を上げたタダスケは、追撃を狙う覇王をヘッドバット、エルボーで泥臭くねじ伏せるやパワーボムをズバリ。なおも巻き投げ固めで必死の粘りをみせる覇王をラリアット連発で黙らせるや、必殺のアウトキャストを爆発させて3カウントを奪った。

 まさに“サバイバル”に成功したタダスケは勝利の咆哮。残酷にもノア追放が決まった覇王は、嗚咽を漏らしながら人目もはばからずに号泣し、介抱にあたった小峠ももらい泣き。得も言われぬ空気が場内を支配するなか、大粒の涙を流しながら深々と頭を下げた。

 覇王にリングネームを改め、すべてを捨ててノアマットを踏んでから約2年半。ノアマットに別れを告げた覇王はどこへ向かうのか――。

【タダスケの話】「生き残ったのは俺や。元をただせば、あいつが勝手に金剛辞めて、正規軍入って、挙げ句の果てにウチの仲間の髪と名前、奪ったんや。怒って当然やろ。髪とか名前とか懸けたってしゃあない、追放かけるしかなかったんや。で、覇王。良かったな、これで俺の顔見んで良くなったやろ? じゃあな」

TOPICS

ランキング(スポーツ)

ジャンル