top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

ユベントス、ディ・マリア獲得から撤退か…新候補はサッスオーロのイタリア代表FW

超ワールドサッカー

ユベントス、ディ・マリア獲得から撤退か…新候補はサッスオーロのイタリア代表FW

ユベントスがアルゼンチン代表MFアンヘル・ディ・マリア(34)の獲得をあきらめることになるかもしれない。イタリア『ガゼッタ・デッロ・スポルト』が報じている。

今季限りで7シーズンを過ごしたパリ・サンジェルマン(PSG)を退団したディ・マリアに対してユベントスは早い段階で手を挙げていたが、同選手はバルセロナからのオファーや母国アルゼンチン復帰について家族と相談する時間が欲しいと、ユベントスへの回答を保留。

それでも獲得を諦めないユベントスは、提示していた2年契約のオファーからディ・マリアが希望に沿った延長オプション付随の1年契約にオファーに変更。返答期限を延長し回答を待っている状態だった。

しかし、『ガゼッタ・デッロ・スポルト』よれば、いつまで経っても返答を寄越さないディ・マリアに対し、ユベントス側が我慢の限界を迎えたとのこと。そして新たなターゲットとしてサッスオーロのイタリア代表FWドメニコ・ベラルディ(27)に関心を寄せているとのことだ。

ベラルディはサッスオーロ出身のウインガー。2013年にユベントスに保有権が移ったことがあったものの、ここまでサッスオーロ一筋を貫き、公式戦出場325試合で120ゴール73アシストの成績を残す。

今季も絶対的主力としてセリエAで33試合15ゴール17アシストの活躍を披露するベラルディに対し、サッスオーロは3000万ユーロ(約42億6000万円)以上の移籍金を設定していることから、獲得は一筋縄ではいかないことが予想される。

TOPICS

ランキング(スポーツ)

ジャンル