top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

【世界水泳】AS選手が演技中に失神。水中に沈む選手をコーチ自らの手で救出!「呼吸をしていないのが見えたので恐ろしかった」

THE DIGEST

【世界水泳】AS選手が演技中に失神。水中に沈む選手をコーチ自らの手で救出!「呼吸をしていないのが見えたので恐ろしかった」

 ハンガリーのブダペストにて行なわれている『世界水泳選手権』。アーティスティックスイミングのソロ・フリールーティン決勝が現地時間6月22日に行なわれ、米国のアニタ・アルバレスが演技中に失神するアクシデントが起きた。

 アルバレスの異変に気づいた米国チームのコーチを務めるアンドレア・フエンテス氏は、一目散にプールに飛び込んだ。水中に沈んでいく彼女を自らの手で、水の外へと救出したのだ。その後、応急手当を受けたアルバレスは一命をとりとめた。

 米国アーティスティックスイミングチームは、「アニタはもう大丈夫。心拍数や血中酸素飽和度、血糖値、血圧など医師が全てをチェックし、正常であることを確認しました」と公式インスタグラムで報告した。

 そして「他の持久系スポーツでもこのような事が起きていることを、我々はつい忘れてしまっている」と綴り出したうえで、こう続けた。

「マラソン、サイクリング、クロスカントリー…。ゴールまでたどり着けず、他の選手が助けようとする映像は誰もが目にしたことがあるはずだ。我々のスポーツも他の競技と同様で、水中で限界に挑戦しており、時には限界に達してしまう」
  今後については、「アニタの体調は良好で、医師も大丈夫だと言っている。明日は一日中安静にしてもらって、チームの決勝を行えるかどうか医師と相談しようと思っています」と綴っている。

 真っ先に救助に向かったフエンテスコーチは、「ライフガードが対応していなかったから、自分で飛び込んだ。すごく怖かった」とスペインの日刊スポーツ紙『Marca』で当時の状況を明かしたうえで、「呼吸をしていないのが見えたので恐ろしかったけど、今は元気に回復している」と安堵の表情を浮かべた。

 実は彼女が気を失うのは、今回が初めてのことではない。昨年の五輪予選でも同様に失神していたのだ。当時、米放送局『WIVB-TV』の取材でアルバレスの母カレン氏は、「何度か起きています。彼女の回復が十分でないときや、睡眠があまりとれていないときに起こる。アニタはいつも一心不乱に取り組む子で、練習も手を抜かない」と語っていた。

 コーチの好判断により一命をとりとめたアルバレス。真面目に競技に打ち込む彼女が、再び水の中を華麗に舞う姿が見られる日を楽しみに待ちたい。

構成●THE DIGEST編集部

【関連記事】水泳界はトランスジェンダー選手の女子競技への出場禁止を決定! 各国では賛否両論「酷だ」「間違いなく正しい方向へ」

 

TOPICS

ランキング(スポーツ)

ジャンル