top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

2021-22シーズン B1で最も多くのフリースローを決めた選手は?

バスケットボールキング

2021-22シーズン B1で最も多くのフリースローを決めた選手は?

 バスケットボールで唯一誰にも邪魔をされないシュートである、フリースロー。たった1本で試合が決まることもあるフリースローの瞬間は、Bリーグのハイレベルな舞台では緊張もひとしおだ。2021-22シーズン、そんなフリースローを最も多く決めた選手は誰なのか、BBK編集部が調査してみた。

◆■1位 ショーン・ロング 303本

 1位に輝いたのはレバンガ北海道のショーン・ロング。2021-22シーズンの得点王は、2位に約70本もの差をつける数のフリースローを沈めており、1試合あたり約5.4得点をフリースローで稼いでいる計算に。ちなみに、被ファール数、フリースロー試投数でもリーグトップの数字を残しており、いかに体を張ってプレーしているかがわかる結果となった。

◆■2位 ジョシュ・スコット 236本

 2位につけたのは宇都宮ブレックスのスコット。1位のロングには及ばないものの、Bリーグ王者のゴール下に君臨し、しっかりと仕事を果たしたからこそのランクインとなった。また、2022-23シーズンの契約継続もすでに発表されており、来シーズンもインサイドでの活躍に期待がかかる。

広告の後にも続きます

◆■3位 トレイ・ジョーンズ 216本

 
 3位は群馬クレインサンダーズのジョーンズ。フリースロー試投数こそ成功数トップ5のなかで最も少ない248本だが、87.1パーセントという高い成功率でランクインを果たした。また、ジョーンズも来シーズンの契約締結がすでに発表されており、群馬の得点源としてハッスルする姿に注目が集まる。

◆■4位 ジョシュア・スミス 214本

 富山グラウジーズに所属するスミスが4位にランクイン。2020-21シーズンは同ランキングで9位だったが、被ファール数、フリースロー成功数が昨シーズンから増加し、一気に4位にステップアップ。富山との契約継続を決めた同選手が、来シーズンはさらに成長した姿を見せてくれることを期待したい。

◆■5位 パトリック・アウダ 213本

 5位につけたのは横浜ビー・コルセアーズに所属するアウダ。縁の下の力持ちとしてチームを支える同選手は、ゴール下で体を張って仕事をこなし、被ファール数でスミスに次ぐ289回を記録。すでに横浜との契約継続が決まっているアウダは、来シーズンも力強いプレーでチームに貢献してくれることだろう。

  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング(スポーツ)

ジャンル