top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

山下智久 “格下扱い” に “制作中止”…相次ぐ逆風報道も他の「辞めジャニ」とは一味違う理由

SmartFLASH

写真・時事通信

 

 2020年にジャニーズ事務所を退所した山下智久に、まさかの “逆風” か――。6月22日の『WEB女性自身』では、山下が出演する、ハリウッド制作陣による海外ドラマ『TOKYO VICE』で、若手俳優よりも “格下扱い” されたことが報じられている。

 

 つい先日、シーズン2の制作が発表された同作。山下はシーズン1で、人気No.1のカリスマホスト役を熱演している。だが、報道によれば、同作で山下より長い出演シーンをもらい、キャスティング時点から熱心な指導をうけたのは、後輩の笠松将だったという。

広告の後にも続きます

 

 

 実際、米大手映画賞予想サイト『アワードデイリー』は、同作で最も魅力的なキャラクターとして笠松演じるヤクザの佐藤を選定している。山下にとって念願の海外ドラマだったが、大きな存在感を発揮するまでは至らなかったようだ。

 

「たしかに最近、山下さんは逆風続きです。主演予定だったNetflixオリジナル映画『恋に落ちた家』は、制作中止が発表されました。韓国で大ヒットした『建築学概論』のリメイクでしたが、オリジナル版に敬意を表することを優先し、中止したといいます。

 

  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング(エンタメ)

ジャンル