top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

「野球バカは社会で活躍できない」に新庄監督激怒 投稿のスポーツブランドに批判続出「ふざけてる」

J-CASTニュース

プロ野球・日本ハムファイターズの「ビッグボス」新庄剛志監督がインスタグラムで、アスリートビジョン(東京都渋谷区)が展開するスポーツ用品ブランドCERAMIC POWER GEAR(以下、CPG)の投稿内容に反論している。

「僕も野球バカですが~ 野球以外の方が何十倍も稼いでいますが」

新庄監督はインスタグラムに2022年6月23日、CPGがストーリーズに公開した画像を引用して投稿。CPGのストーリーには、日ハムの山田勝彦コーチがベンチ裏で壁を蹴り、骨折したとしてチームを一時離脱しているというニュース記事のスクリーンショットとともに、「こゆことを大のおじさんがするから、野球バカは社会で活躍できないとなる。野球以外で稼げない」とのコメントが添えられていた。

CPGは、サポーターやグローブなどのスポーツ用品を扱うスポーツウェアブランド。新庄監督が引用したCPGのインスタグラムに公式マークはないが、同ブランドのサイトからこのアカウントへのリンクがある。

新庄監督は前出のスクリーンショットに「僕も野球バカですが~ 野球以外の方が何十倍も稼いでいますが 何か!?」と赤い文字で書いたコメントをつけた。

投稿に添えた文章では、「山田コーチは骨折を気合いで10日で骨をくっつけ グランドでボールを投げ ノックを可愛い選手に打ってるに違いない!!」と山田コーチの早期復活を後押し。「僕の性格上 気に食わないコメントやチームメート スタッフの文句を言う人間は即ブロックしてます そんな人間はshinjo freedomに来なくて良い!!」と宣言した。

「昨年に続き、暴行を匂わす苛立ちを抑えられなかったのは残念です」

広告の後にも続きます

CPGは同日のストーリーズで「ファイターズに関しては2015年シーズンから12球団で最も使用してくれる選手も多いです。そして、最も応援してる球団でもあります」と前置きしつつ、次の通りに続けた。

「魅力的なチームである上に、そこを取りまとめる大切な管理職がかけるのは、一ファンとしても残念です。必要な戦力ですよね。必要なコーチですよね。その原因が八つ当たり。それが原因で現場を離る。現場でしかわからない苛立ちや、現場でしか分からない感情が勝負師として、表に出るのは当たり前でしょう。それが人に当たろうと、公共設備に当たろうと、そのイメージをまだ続けますか? 子供たちも見てとれるはず。それが良いとならないことを願ってます」(原文ママ)

続く投稿では「仮にうちの本社の役員たちが 50代の人間たちが壁を殴り怪我をした それなりのFEEを貰い 一線の現場を離れた 通常の社会ではちょっと考えられないかな」とし、「仕事馬鹿でも野球馬鹿でも そこまで打ち込んだからなれた 夢ある立場 夢ある世界で 昨年に続き、暴行を匂わす苛立ちを抑えられなかったのは残念です 必要だったから 必要な人材だと思うから」と苦言を呈した。

「野球界の邪魔者かもね」

さらに「たまたま人じゃなかっただけで(壁) 昨年の翔さんのときは凄かったよね トップ戦力としていれなくなる これは同じ 結果として考えてみたらどうでしょう」としている。元日ハムの中田翔選手は、2021年に同僚選手への暴力を理由として球団から出場停止処分を受け、のちに読売ジャイアンツに移籍している。

その上で別の投稿では「野球馬鹿とは素晴らしい言葉です 私も桑田さんの野球馬鹿という本を見て育ってますから」としている。

さらに数時間後には「変な公式アカウントでごめんね」とし「商売も大事だけどね 立ち上げ当初の支えてくれる選手が引退するまでサポートはします いずれ、一般発売、なくなるから これで稼がないから 居なくなるから大丈夫よ」と投稿。「野球界の邪魔者かもね だから本音で言わせてもらう」としていた。

SNSでは、「野球馬鹿は社会で活躍できない」などとするCPGの主張に反発する声が続出している。

「Ceramic Power Gearって会社、そんなに山田勝彦の行動を非難したいなら、『野球馬鹿は社会で活躍できない』以外の表現があるだろ」
「セラミックパワーギア、意味不明。クライアントの関わりがある企業の悪口をインスタにあげられる神経もすごい。そして保身の言い訳も意味不明。製品がたとえ良くても企業がこれだとクライアントは離れていくよ」
「何このセラミックパワーギアって会社。企業が選手、コーチ個人をバカにするってあり得ないでしょ。日ハムはこの会社との取引完全撤退でいいよ。ふざけてる」
「Ceramic Power Gearって炎上商法なんかな? 『こゆこと』とかいう謎の言葉遣いに始まり、クライアント関係者に公の場で喧嘩売るのも、言い訳並べて謝罪しないのも、余りにも軽率すぎません?」

TOPICS

ジャンル