top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

大谷翔平、“縦スラ”驚きの落差に「いや、無理だって…」三振の打者がベンチで愕然 「ゲームでも打てない」「あんなん無理w」同情の声

ABEMA TIMES

【MLB】エンゼルス5-0ロイヤルズ(6月22日・日本時間23日/アナハイム)

 エンゼルスの大谷翔平投手が「2番・投手」で先発出場。今季最長の8回、球数も今季最多となる108球を投げ、2度の3者連続三振を含むメジャー自己最多の13奪三振の快投を披露して6勝目(4敗)を挙げた。4回にはキレキレ&落差バツグンの“縦スラ”でこの日7つ目となる三振を奪うと、バットが空を切った相手打者がベンチ内で愕然とした表情を浮かべる場面も見られ、視聴者からは「ゲームでも打てない」「あんなん無理w」など、同情の声が寄せられた。

【映像】“縦スラ”の落差に愕然とするウィットJr.

 3回を投げて毎回の6奪三振を奪う力投で迎えた大谷4回のマウンドは、ロイヤルズ3番のウィットJr.から。初球のカーブ、2球目のスライダーが外れるも、3球目のスライダーをストライクとして1-2。その後もスライダーを連投して2-3のフルカウントに。

 大谷が6球目に投じたのは86.2マイル(約138.7キロ)のスライダー。アウトコースの真ん中付近からストンと落ちた“縦スラ”に、ウィットJr.のバットはかすることなく空を切った。

広告の後にも続きます

 ABEMAで実況を務めた長坂哲夫アナが「スライダー、今日はキレてますね」と称賛すると、解説のAKI猪瀬氏は「キレてますね」と一言。さらに「この縦スラのスライダーのときは、投球のメカニクスのブレもほとんどない。投球に安定感が出てくる」と続けた。

 直後、現地映像がベンチに座り、愕然とした様子でうなだれるウィットJr.の表情を映し出すと、視聴者からは「ゲームでも打てない」「あんなん無理w」など同情の声が、また「まじ異次元」といった驚嘆の声も多数寄せられていた。(ABEMA『SPORTSチャンネル』)

TOPICS

ランキング(スポーツ)

ジャンル