top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

間宮祥太朗“剛”、兄・満島真之介​​“猛”の言葉に号泣「声出して泣いた」

TVerプラス


間宮祥太朗が主演を務める水10ドラマ『ナンバMG5』(フジテレビ系、毎週水曜22:00~)の最終話が、6月22日に放送。ネット上では、難破剛(間宮)と兄の猛(満島真之介)のあるシーンに涙する人が多くいた​​(以下、ネタバレが含まれます)。

小沢としおの「ナンバMG5」「ナンバデッドエンド」(秋田書店)を映像化した本ドラマは、筋金入りのヤンキー一家・難破家の次男・剛が、実は「ヤンキーをやめて普通の高校生になりたい」と、家族に内緒で健全な高校に入学するという、高校“逆”デビュー物語。

白百合高校内で不良たちと喧嘩した剛は警察に連行されてしまう。父・勝(宇梶剛士)と母・ナオミ(鈴木紗理奈)に引き取られて家に戻ると、「こんな家に生んでもらって迷惑なんだよ」などと述べたことを土下座で謝罪。勝は「おめえは、嘘つかされていたんだよな。俺らによ」と述べ、剛に寄り添う。ナオミや妹の吟子(原菜乃華)は喜ぶが、猛だけは認めてくれなかった。

結果的に剛は退学処分となってしまう。学校側の対応に不満を持った藤田深雪(森川葵)たちクラスメイトは、体育館に立て篭もり。学校中を巻き込む騒動となり、退学処分は一時取り消しとなった。

深雪は剛に会いに行き報告。どんな顔をして学校に行けばいいのか分からないという剛に、深雪は、白百合を守るためだったのはみんな分かっていると返す。「一緒に卒業しよう。ね? あと1つ約束して。もう喧嘩はやめて。あたし、難破くんが傷つくところもう見たくないよ」と、彼の手をにぎり、ゆびきりで約束した。

深雪と別れた後、不良グループが報復にやってきた。剛は逃げるが追い詰められてしまう。殴られても、手は出さない。いよいよピンチ……となったときに現れたのは、伍代直樹(神尾楓珠)​​と大丸大助(森本慎太郎)​​の連絡を受けた猛だった。

不良グループを一蹴すると、猛は「おめえも俺らと同じだって勝手に決めつけてた」と歩み寄る。白百合のみんなは、伍代や大丸と同じ大事なツレだと剛。声を震わせながら「全国制覇よりも、白百合のみんなと一緒に卒業したい」と伝えると、猛は弟の胸を叩き「卒業できるといいな」と優しく語りかけた。兄の言葉に涙がとまらない。歩みはじめた猛は振り返り「剛……。おめえの話もろくに聞かねえでよ。ひでえこと言っちまってごめんな」と涙を流した。

ネット上では、兄弟のやりとりに「号泣した」「声出して泣いた」「最高の最終話」​​とのコメントがあった。

6月29日は特別編。愛犬・松(豆三郎、声:津田健次郎)が家を出て行ってしまう。

TOPICS

ランキング(テレビ)

ジャンル