top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

タクマ登場に「アイドル」派、歓喜“優勝できないわけがない”<青春スター>

WEBザテレビジョン

タクマ登場に「アイドル」派、歓喜“優勝できないわけがない”<青春スター>

グローバルK-POPアーティストへの道のりを追う、男女の新たなオーディション番組「青春スター」(毎週木曜夜9:30~、ABEMA SPECIAL2チャンネル)の #5が、ABEMA SPECIAL2チャンネルにて6月16日に日韓同時、日本独占無料放送された。

「青春スター」は、世界を舞台に活躍するスターが誕生する瞬間を公開するとともに、参加者たちによる完成度の高いステージパフォーマンスや、オーディション番組ならではの挫折や葛藤、そしてともに苦悩を乗り越え、めばえる友情や希望など、参加者たちの成長過程をリアルに描く。オーディションを勝ち進んだなかから最終的に7組のデビューが確約され、日本デビューも予定されており、さらに優勝者には1億ウォンの賞金が贈呈される。

#5では、本選1R全6戦のうちの残り2戦が放送され、最後までどの派が1位になるかわからないほどの激戦をくり広げたが、最終的に「アイドル」派が1位になり全員生存、2位が「シンガーソングライター」派で3人脱落、3位が「ボーカル」派で5人脱落という結果になった。

■「アイドル」派登場

#5の5戦目に、日本人のタクマが参加する、「アイドル」派のチームが登場した。誰がチームメンバーになるのかが読めないなか、誰に来てほしいかと尋ねられたハ・ソクヒは、「僕が来てほしいのはクマ(タクマ)ちゃん」とタクマにラブコールすると、その声が届いたのか、タクマが登場する。ハ・ソクヒはうれしさのあまりタクマを抱きしめ、喜びを爆発させた。そしてメンバーが全員そろうと、ハ・ソクヒは「このメンバーで優勝できないわけがない」と勝利を確信していた。

■ステージでは

そして、迎えたステージでは、TOMORROW X TOGETHERの「CROWN」を披露し、会場を魅了した。彼らのダンスに、ダンスクルーWAYBのリーダーであるNO:ZEは、「群舞のフォーメーションの重要性をわかっていると思う」と評す。

また、エンジェルミュージシャンのカン・スンユンは、「このチームの魅力は、自分のキャラクターにあった踊り方をするところです」と、さらに、日本人のタクマについて「タクマはエネルギッシュだった、基本的に安定感がありました」「少年の持つ明るさがこの曲とあっていたと思う」と賞賛した。

■視聴者投票スタート

視聴者投票が、TikTokにて8月2日(火)夜11:59まで視聴者投票を受け付けている。

「青春スター」の予選、本選ステージには、審査員がおらず、会場にいる192名の「青春スター」の参加者を応援する世界中のファンであるスターメーカーと、8名のエンジェルミュージシャンによる合計200票の投票によってオーディションされていく。それに加えて、最終回での優勝者選定には、視聴者投票の結果が25%反映されるので、審査員がいない状況で進んでいくオーディションのなかで、視聴者投票も重要な役割となる。

TOPICS

ランキング(テレビ)

ジャンル