top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

ABEMAオリジナルドラマ「ANIMALS‐アニマルズ‐」第1話先行試写会に鈴木愛理登壇“海ちゃんのように見失わないで、自分を愛してあげてほしいな”

WEBザテレビジョン

ABEMAオリジナルドラマ「ANIMALS‐アニマルズ‐」第1話先行試写会に鈴木愛理登壇“海ちゃんのように見失わないで、自分を愛してあげてほしいな”

6月23日(木)夜9:45より(初回放送のみ)、全8回にて放送開始される、ABEMAオリジナル連続ドラマ「ANIMALS‐アニマルズ‐」(毎週木曜夜10:00-11:00、ABEMA SPECIALチャンネルにて全8回)が、関係者向け第1話先行試写会を6月21日に開催した。

本作は、鈴木愛理が主演、本田響矢、村上愛花、星乃夢奈、白洲迅が出演する、恋も夢も忘れ、ブラック企業で懸命に働く“幸せ迷子のズタボロ女子”の主人公の鹿森海(鈴木)が、最高の自分に生まれ変わろうとする大逆転ラブストーリーで、関係者向け第1話先行試写会には、主演の鈴木が登壇し、ドラマの見どころや、20代、30代のお仕事女子のみなさんからの質問に答えていった。

■“幸せ迷子のズタボロ女子”

恋も夢も忘れ、懸命に働く“幸せ迷子のズタボロ女子”の主人公の海に共感するところや、似ている部分について聞かれた鈴木は、「“ズタボロ女子”っていうフレーズって、一件、マイナスなところしか見えないですけど、海ちゃんも社会にもまれて、本当はやりたかったことで始まったはずが、いつしかやらなきゃいけないことになっちゃったときのつらさがあったはずで。私自身も歌が好きで始めたけど、人に評価されたりして、何度も辞めたいと思ったときもありました。私はいろんな恵まれた環境で、応援してくれる方がたくさんいたのでやってこれましたが、自分を評価してくれる人が、まわりにいない状況だとこうなっちゃうのかなと思いながら、演じてはいました」と、自身と通じる点を感じながら、役を演じたことを明かした。

さらに、参加者から寄せられた“仕事で疲れた日には、何をしてリフレッシュしているか”の質問に対して鈴木は、「私は、仕事が忙しかったら、プライベートも忙しくしたほうが気持ちが切り替えられるタイプ。今はSNSの時代なので、がんばってお仕事してきて、ソファでのんびりスマホをいじっていたら、どうしても仕事に関連するアンテナが働いてしまいます。だから、スマホを見る手がふさがるっていうのが良くて、忙しくても、スーパーに寄って家で料理したりとか、一時期はDIYにハマったりして。あとはそういうときこそ、資格の資料請求してみたり。請求だけですよ!(笑)プライベートも忙しくしていたほうが、仕事もうまくいく気がします」と忙しい時こそ、プライベートも楽しむことがうまくいく秘訣だと説明した。

最後に鈴木は、同世代の参加者女性のみなさんへ「会社にいると、『もっとがんばれるだろ』『なんで、そこまでしかできないんだ!』とか言われることも、自分が言ってしまうこともあると思います。がんばった、努力したのMAXは人それぞれだからこそ、海ちゃんのように自分自身を見失わないように、自分をちょっとずつほめてあげて。『今日は、ここまでがんばったから、チョコレート食べちゃおう』くらいでいいから、ごほうびをあげながら、自分を愛してあげて、お仕事をがんばってほしいなって思います」と熱いエールを送った。

TOPICS

ランキング(テレビ)

ジャンル