top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

山口百恵さん 貧しい幼少期に母から指導…長男・祐太朗にも受け継ぐ“清貧の教え”

女性自身

山口百恵さん 貧しい幼少期に母から指導…長男・祐太朗にも受け継ぐ“清貧の教え”

「幼稚園のときにさ、マグカップに自分の絵をプリントして、っていうのやらなかった?(中略)いまだに俺、それでコーヒー飲んでる。日付を見たら’90年って書いてあって」

 

6月9日、自身がパーソナリティを務めるラジオ番組でそう語ったのは、三浦友和(70)・百恵さん(63)の長男で歌手の三浦祐太朗(38)だ。“子どものころから大事にしているもの”というテーマでお気に入りのマグカップについて明かした祐太朗。驚きの物持ちのよさだが、彼が30年以上も同じ品を愛用するのには理由があるという。その背景には、百恵さんから受け継いだ“清貧の教え”が関係していた――。

 

「もともと百恵さんは母子家庭で決して裕福とは言えない家庭環境で育ちました。生活保護を受けていた時期もあると自伝で明かしており、お母さまは生活費のために人形の洋服を縫うなどの内職をして百恵さんも一緒に手伝ったりしていたそうです。

広告の後にも続きます

 

幼いころから『計画性を持ってお金を使うことを覚えなさい。1円を笑うものは1円に泣く』と教えられ、お小遣いの使い道も家計簿のようにノートに記録していたそうです。

 

そうしたしつけもあり、百恵さんは非常にしっかりとした金銭感覚の持ち主に育ったんです」(百恵さんの知人)

 

山口百恵といえば当時、絶大な人気を誇り“’70年代に日本で一番レコードを売り上げた歌手”として記録されている。さらに所属していたホリプロの自社ビルは通称“百恵ビル”とも呼ばれ、引退直後に出版した自叙伝『蒼い時』(集英社)は340万部を売り上げ社会現象になった。そんな大スターになった百恵さんだが、地に足のついた倹約生活ぶりは揺るがなかったという。

  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング

ジャンル