top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

那須川天心は「一緒ぐらいの階級」ボクシング転向に亀田和毅が反応 「早めに上がってきてくれたら面白い」

J-CASTニュース

プロボクシング世界2階級制覇でWBA世界スーパーバンタム級3位の亀田和毅(30)が2022年6月21日にユーチューブチャンネルを更新し、キックボクシングからプロボクシングへの転向を表明している那須川天心(23)に言及した。

キックからボクシングに来るのは凄い難しい

那須川は6月19日に東京ドームで行われた格闘技イベント「THE MATCH 2022」に出場し、K-1王者・武尊(30)を5-0の判定で下した。ライバル対決に完勝しキックボクシング無敗の42連勝をマーク。この試合を最後にプロボクシングに挑戦する。

WBO世界バンタム級王座、WBC世界スーパーバンタム級暫定王座を獲得し、再びスーパーバンタム級で世界の頂点を目指す亀田は「(那須川は)たぶん階級は俺と一緒かひとつ下になる」と推測し、「一緒ぐらいの階級になるから早めに上がってきてくれたら面白いよな」と将来のライバル候補に期待を寄せた。

また、23歳でキックボクシングからプロボクシングに転向する那須川のチャレンジ精神を高く評価。自身も日本の中学を卒業後に単身メキシコに渡りボクシングの修行を行ってきただけに那須川の挑戦に思うところがあったようだ。

「若い時から挑戦するというのはいいことだと思う。キックからボクシングに来るのは凄い難しいことで、それに挑戦しようかと言っている。その気持ちは凄いと思う。今は勢いでいってるけど、これからその勢いをずっと保っていけるか。楽しみやな。ボクシングくるから。これで一緒になるからボクシングの方で」

「天心は目もいいし反応もいい」

一方、動画の中で那須川対武尊戦の内容に触れ、那須川の勝因を分析した。

広告の後にも続きます

試合は1回終了間際に那須川が左のカウンターで武尊からダウンを奪い、2回、3回と反撃を試みる武尊のパンチを冷静に見極め決定打を許さずに完勝。キックボクシング最後の試合を有終の美で飾った。

戦前、武尊の勝利を予想していたという亀田は、「1ラウンドがスタートした時にもうちょっと武尊がガンガン行くかなと思った。ゴングが鳴って中途半端な距離にいたというのが何でなんかな。行かれなかったというのは(那須川の)うまさもあったんだろうな」と序盤を振り返った。

そしてダウンを喫した後、武尊の攻撃が空回りしていたことを指摘し「天心は目もいいし反応もいいから(武尊のパンチを)避けてクリンチするとかやってた。やっぱりうまい。ああいうビッグマッチで冷静に戦ったというのはすごい」と称賛した。

TOPICS

ジャンル