top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

140億円で落札された、ノーベル平和賞のメダル 出品者の『想い』が、胸に響く

grape [グレイプ]

2021年にノーベル平和賞を受賞した、ロシアの独立系新聞『ノーバヤ・ガゼータ』紙の編集長、ドミトリー・ムラトフさん。

2022年6月20日に開催された競売にメダルを出品し、日本円で約140億円で落札されたことを『ノーバヤ・ガゼータ』のInstagramで報告しました。

売上金は、ロシアによる軍事侵攻で避難を余儀なくされた、ウクライナの子供たちとその家族を支援する、国連児童基金(ユニセフ)に全額寄付されるとのことです。

『ノーバヤ・ガゼータ』は、ロシアのウクライナ侵攻に異議を唱え続けていましたが、ロシア政府からの圧力を受け、2022年3月末に発刊停止に追い込まれました。

産経新聞によると、今回メダルを出品したムラトフさんは、競売会場で次のように語っていたそうです。

「メダルをもう目にすることはないだろうが、この資金で恩恵を受ける人たちの未来を見たい」

産経新聞 ーより引用

広告の後にも続きます

ムラトフさんの行動に、世界中から称賛や応援の声が届いています。

・英断ですね。メダルを賞の意味の通りに、役立てていて素晴らしい。

・このメダルの重さを、改めて考えさせられました。この方が、この先も安全でいられますように。

・もう1回、ノーベル平和賞もらってもいいくらい、すごいこと。

ロシアの侵攻により、平和な日常を突然奪われた、ウクライナの人々。

やっとの思いをして国内外に避難できても、慣れない土地で、先の見えない不安と大きな悲しみを抱えていることでしょう。

そういった人々に多くの支援が行き届き、希望を見出すきっかけになることを祈るばかりです。


[文・構成/grape編集部]

出典 novayagazeta_eu産経新聞

TOPICS

ジャンル