top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

“にぎりびと”直伝!究極の「梅おにぎり」の作り方

macaroni

心をコメる。究極の「おにぎり」作り【神谷よしえさんの12カ月の手仕事 #12】

古来より日本人の主食として親しまれてきたごはん。しかし近年では食生活の多様化により、ごはんを食べる人が減っていると聞きます。毎月、生活の知恵ともいえる手仕事と季節のレシピを教えてくださっているフードアドバイザーの神谷よしえさんも、そんな現状を嘆くひとり。

「最近では主食としての存在感が薄くなりつつあるごはんですが、お米はやはり日本人の食文化の中心として私たちには馴染みの深い食べ物です。みなさんに、もっとごはんの魅力を知っていただきたいんです」

そこで最終回は、『ごはんはエール』を合言葉におにぎり作りをライフワークにしている神谷さんから究極のおにぎりの作り方を教わります。

フードアドバイザー・調味料ソムリエプロ/神谷よしえさん大分県宇佐市出身。伝承料理研究家の母が設立した台所だけの建物「生活工房とうがらし」を継承。「ごはんはエール」をテーマに人と人を繋ぎ、産地と料理人を繋ぐ活動や国内外でおにぎりや調味料の講演やセミナーなどをおこなっている。趣味はおにぎりを握ること

ごはん大好きプロジェクト|Facebookページ

広告の後にも続きます

@kamiya_yoshie|Instagram

「なぜが私が握るおにぎりは昔から評判がよくて(笑)。いつしか趣味がおにぎりを握ることになりました。そこで今は、毎日おにぎりを握り続ける『おにぎりチャレンジ』や、お茶とおにぎりのペアリングを楽しむ『おにぎり神谷』というイベントなど、さまざまな取り組みをしています。

『12カ月の手仕事』の最後は、今、私がもっとも力を入れているおにぎりをテーマにお届けしようと思います。心を“コメ”て握るおにぎり作りを通じて、手仕事の楽しさや素晴らしさを改めて知っていただけるとうれしいです」


「おにぎり神谷」に関する情報はこちら▼

おにぎり神谷|レストラン&スパ|佐賀県 嬉野温泉 – 和多屋別荘

夏こそ食べたい!「梅おにぎり」の作り方

調理時間:3時間(浸水時間を含む)

「本来おにぎりは熱々のごはんをサッと握って頬張るのが、一番おいしい食べ方です。でもこの時期に炊きたてのごはんを食べるのは、ちょっと重たいと感じる人もいるでしょう。そんなときは、梅干しをおにぎりの具にしてサッパリいただくのがおすすめです。

特に6月が旬の梅は、この時期たくさんスーパーに並びます。『今年も新しい梅を漬けよう』と心が躍りながらも、未だ残っている去年の梅干しの使い道にお困りの方もいるのでは。そんな梅干しを食べ切るためにも、梅おにぎりは今の時期にぴったりですよ」

材料

・米……2合
・水……2カップ
・梅干し……適量

作り方

1. ごはんを炊く

米を研いで、冷蔵庫で冷やしながら浸水させます。2時間浸水させたら、炊飯します。

「最近は精米の技術が発達しているので、米の洗い過ぎに注意しましょう。米を研ぐときは、クルクルとやさしくかき混ぜて水を捨てます。これを2~3回繰り返し、そのまま冷蔵庫で2時間ほど冷やして浸水させます。

浸水が終わったら、電気炊飯器なら早炊きモードで炊飯しましょう」

2. ごはんをほぐす