top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

カンヌ国際映画祭〈ある視点部門〉正式出品、ヨアン・マンカ監督の長編デビュー作『母へ捧げる僕たちのアリア』特別映像~ジュディット・シュムラの歌うオペラ~解禁

cinefil

2021年カンヌ国際映画祭〈ある視点部門〉に正式出品されたヨアン・マンカ監督 の長編デビュー作『母へ捧げる僕たちのアリア』がいよいよ6月24日よりシネスイッチ銀座ほか全国にて公開いたします。

© 2021 – Single Man Productions – Ad Vitam – JM Films

つきましては、この度本編より「ジュディット・シュムラの歌うオペラ」と題して2分間のレッスンシーンを特別映像として解禁されました。主人公ヌール(マエル・ルーアン =ベランドゥ)のレッスン中、周りの生徒から先生も歌ってほしいとけしかけられ自身のピアノ伴奏と共に歌うサラ(ジュディット・シュムラ)。

『母へ捧げる僕たちのアリア』特別映像

ジュディット・シュムラといえば2019年4月15日の火災により焼け落ちたノ ートルダム寺院の修復中、大聖堂内わずか7人の密室で開かれた聖金曜日の典礼でシューベルトの「アヴェ・マリア」をアカペラで歌う映像が話題になりました。 火災からちょうど1年の2020年4月10日、パンデミックの最中につき防護服に身を包み、厳かな静寂の中で見事に歌い上げております。

「アヴェ・マリア」をアカペラで歌うジュディット・シュムラの映像

広告の後にも続きます

さらに、ジュディット・シュムラご本人や、男性ヴォーカルグループの LE VELVETS の佐藤隆紀さん、カレーハウス CoCo 壱番屋の創業者で宗次ホールの代表でもある宗次德二さん、映画評論家の木村奈保子さんなど、日本の各界からもコメントが到着いたしました

厳しい生活の中で母親を看病しながら暮らす4兄弟の末っ子が音楽と出会い、映画は彼の世界観がどのように変化するかを 物語っています。この映画にはたくさんのユーモアがあります。また暴力も。そして美しさに溢れた、とても素敵な映画です。
――― ジュディット・シュムラ

オペラ好きの私には、数々の名アリアが聴けて最高でした。ヌールを通して、オペラ愛好家が増えることを願います。 クラシック音楽が、悲惨な状況に打ち勝ち、困難を乗り越える原動力になり得ることを実感できる映画です。
―—— 宗次德二(名古屋宗次ホール 代表)

兄弟達が苦悩の中で捧げる、母への不器用で真っ直ぐな愛に胸が熱くなりました。自分も声楽の道へ一歩踏み出す時はとても勇 気が必要でした。躊躇っている若者へ..この作品は必ずその勇気を与えてくれるでしょう!
―――LE VELVETS 佐藤隆紀(歌手、ミュージカル俳優)

  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング(映画)

ジャンル