top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

公開 20 周年記念上映が決定!SUGIZO、柴咲コウ、山口小夜子 共演!二階健監督による幻想的な映像と音楽で綴るファンタジックストーリー『Soundtrack』

cinefil

×

この作品の仕上げ時に編集室のテレビで、あのアメリカ同時多発テロの衝撃的なニュースが流れ、スギゾー氏と二人で固まっていた事を思い出す。平和の祈りを込めて冒頭にThe darkest hour is before the dawn(最も暗い時間は夜明け前にある)というメッセージを出した。20年たった今も人類は武力による殺戮を辞めないでいる。これはまさに想像力の欠如だと思う。世界は人と人との目に見えない繋がりや、感謝すべき奇跡の偶然に溢れているのだ。
自分は作った作品を見返すことがあまり無い。したがって今回「Soundtrack」を20年ぶりに観た。とても好きな映画だなと思った。自分で自分に驚いたあの時を思い出した。

二階 健監督

既に、発売と同時に満席回など、好評につき追加上映も決定!

STORY
ヴァイオリニストの兄・志音と童話作家の妹・美砂。幼い頃、目の前で両親を殺害されて以来、ショックのあまり声を無くした美砂の ために志音は曲を作り、美砂は、悪夢にうなされる兄のために童話を描き続けていた。二人はお互いだけを信じ合い、ひっそりと 二人だけの世界で生きていた。しかし、こんなささやかな幸せを続けることさえ、運命は許してくれなかった。最愛の妹、美砂の事 故死――。たった一人残された志音は、死んだようにただ眠ることしかできなくなった。数年後、運命のいたずらが再度訪れる。死 んだ美砂そっくりの美少女が彼の前に現れたのだ。彼女の名前はミサ。快活で話好きのミサにヴァイオリンを教えながら、志音は 少しずつ明るさを取り戻していった。美砂とミサ、この偶然の一致(シンクロニシティ)に隠されたメッセージとは?そして、ついにミ サの秘密を知った志音のヴァイオリンの音色に奇蹟が起きる!

広告の後にも続きます

SUGIZO
柴咲コウ 山口小夜子 落合モトキ

監督/脚本 二階健

撮影 中山光一
美術 佐々木尚
衣装 スズキタカユキ/山下隆生(Beauty:Beast)
音楽 SUGIZO
メイクアップ・エフェクツ・スーパーバイザー:原口智生
VFXスーパーバイザー:古賀信明

2001年製作 2002年公開作品
配給 ギャガ

6 月 23 日((木)より代官山シアターギルドにて公開!

公開20周年記念-SUGIZO、柴咲コウ、山口小夜子 出演 二階健監督『Soundtrack』

2022年6月22日

提供元: cinefil

TOPICS

ランキング(映画)

ジャンル