top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

公開 20 周年記念上映が決定!SUGIZO、柴咲コウ、山口小夜子 共演!二階健監督による幻想的な映像と音楽で綴るファンタジックストーリー『Soundtrack』

cinefil

二階健監督の『Soundtrack』の初公開から20周年記念上映が、6月23日((木)より代官山シアターギルドで開催されます。

今作は、最愛の妹を亡くしたヴァイオリニストと、彼の前に現れた謎めいた美少女の魂の交流を描いた幻想的な映像と音楽でつづるミステリアスなファンタジードラマ。

公開20周年記念上映 主演:SUGIZO×二階健監督『Soundtrack』

監督・脚本は、ラルク・アン・シエルなどのMVなどを手がけてきた二階健の映画監督と脚本家のデビュー作として公開され、話題を集めた。スペイン・マラガで開催された、セマナ国際ファンタスティック映画祭においては、最優秀撮影監督賞&最優秀脚本賞W受賞などに輝いた作品。
主演は、LUNA SEA、X JAPANのSUGIZO。スクリーンデビュー作である。そのほか、柴咲コウ、ファッションモデルで、表現者であった山口小夜子、それに当時は子役として落合モトキなどが出演している。また音楽もSUGIZOが手がけている。

広告の後にも続きます

この度、『Soundtrack』 20周年に向けて、
主演SUGIZOさん、二階健監督のコメントが解禁されました。

SUGIZOさん『Soundtrack』 20周年へのツイッターでのコメント

SUGIZOさん

もう20年とは・・・本当に感慨深いです。
僕のキャリアの中でも時に重要な作品です。
関われて本当に光栄でした。
心から感謝しています。。。

二階健監督 20周年上映へのコメント