劇場版「エウレカセブン」意識を送り込む“ダイブシステム”とは? 物語の核心が明らかに
劇場版「エウレカセブン」意識を送り込む“ダイブシステム”とは? 物語の核心が明らかに
『交響詩篇エウレカセブン ハイエボリューション』の第2弾『ANEMONE/交響詩篇エウレカセブン ハイエボリューション』(11月10日全国ロードショー)より、主人公・アネモネが「エウレカセブン」と戦うための秘密兵器「ダイブシステム」の全貌が明らかになった。

劇場版「エウレカセブン」意識を送り込む“ダイブシステム”とは? 物語の核心が明らかに

『交響詩篇エウレカセブン ハイエボリューション』の第2弾『ANEMONE/交響詩篇エウレカセブン ハイエボリューション』(11月10日全国ロードショー)より、主人公・アネモネが「エウレカセブン」と戦うための秘密兵器「ダイブシステム」の全貌が明らかになった。

劇中では、ある日世界の各所に出現した人類を死に至らしめる謎の存在「エウレカ」のうち、東京に現れた7体目が「エウレカセブン」と呼称されている。
そのエウレカセブンと戦う最後の砦として、アネモネが所属する特殊部隊アシッドには「ホワイトルーム」が残されているのだが、そこには椅子とカメラがひとつずつ置いてあるだけ。ホワイトルームは、人の意識・精神をエウレカセブン内へと送り込む“ダイブ”用の施設なのだ。

ホワイトルーム
戦闘時のアネモネは、専用のダイブスーツを着用してエウレカセブン内へと“ダイブ”する。送り込まれた彼女の意識は、エウレカセブン内の情報空間で実体化したアバターとシンクロすることで、行動することができるようになる。
この「ダイブシステム」こそが、劇中でアネモネがエウレカやドミニクと出会うために非常に重要な役割を果たしていく。またアネモネの父・石井賢が帰らぬ人となった作戦にも、この秘密兵器が深く関係しているという。


京田知己監督は「早くに母親をなくした彼女は、7歳の時に父も失います。父は、エウレカセブンを止める作戦に参加して帰らぬ人となったんです。そして、7年が経過し、今度はアネモネ自身が作戦に参加し、エウレカセブンの“中”へと意識をダイブさせることになります。この映画は、そんなアネモネの“喪の仕事”を描きます」とコメント。
エウレカセブンへの“ダイブ”で、アネモネはどのような戦いを繰り広げるのだろうか。

『ANEMONE/交響詩篇エウレカセブン ハイエボリューション』は、11月10日より全国にて公開。

(C)2018 BONES/Project EUREKA MOVIE
(更新日:2018年10月16日)

Series シリーズ

Ranking/人気の記事(マンガ/アニメ)

Pick up ピックアップ

人気キーワード

Category カテゴリー

HOME