top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

海外女子メジャーがいよいよ開幕 国内女子も賞金総額3億円のビッグトーナメント【今週の主要大会】

ゴルフ情報ALBA.NET

海外女子メジャーがいよいよ開幕 国内女子も賞金総額3億円のビッグトーナメント【今週の主要大会】

米国女子ツアーでは今季第3戦となるメジャー大会が開幕。国内女子はビックトーナメントが、男子は選手会主催大会が、いずれも4日間の日程で行われる。今週の主要大会をおさらい。


■米国女子「KPMG全米女子プロゴルフ選手権」(6月23〜26日、米メリーランド州・コングレッショナルCC、賞金総額450万ドル=約6億円)

いよいよメジャー大会「KPMG全米女子プロゴルフ選手権」が、23日(木)に開幕する。日本勢からは米ツアーメンバーの畑岡奈紗、笹生優花、古江彩佳、渋野日向子、野村敏京、そして西郷真央の6人が出場する。

昨年は渋野に思わぬトラブルが。大会2日目を終えて、帯同していたキャディがPCR検査で陽性反応が出たため、決勝ラウンドでクラブを担ぐことができなくなった。そして英語が話せない不安を抱きながら、現地のローカルキャディとタッグを組むことに。3日目、17番パー3では池に4回入れてまさかの1ホールで「+7」。それでもトータル1オーバーの40位タイでなんとか4日間を終えた。

昨年大会はネリー・コルダ(米国)がメジャー初制覇。3打差の2位にリゼット・サラス(米国)、トータル10アンダーの3位タイにジュリア・モリナロ(イタリア)、キム・ヒョージュ(韓国)が入った。

■米国男子「トラベラーズ選手権」(6月23〜26日、米コネチカット州・TPCリバー・ハイランズ、賞金総額830万ドル=約11億1800万円)

今季3戦目となるメジャー大会「全米オープン」を終え、舞台は東海岸のまま、米コネチカット州で「トラベラーズ選手権」が行われる。昨年大会はハリス・イングリッシュとクレイマー・ヒコック(いずれも米国)がトータル13アンダーで並んでプレーオフへ。8ホールに渡る熱戦を繰り広げ、イングリッシュがツアー4勝目を飾った。

フィールドには世界ランキング1位のスコッティ・シェフラーや東京五輪金メダリストのザンダー・シャウフェレ(いずれも米国)、ローリー・マキロイ(北アイルランド)、パトリック・キャントレー(米国)などが名を連ねる。松山英樹は出場せず。ウェイティングで小平智が控えている。

■国内女子「アース・モンダミンカップ」(6月23〜26日、千葉県・カメリアヒルズカントリークラブ、賞金総額3億円)

賞金総額3億円、優勝賞金5400万円のビッグトーナメントが4日間大会で行われる。昨年大会は菊地絵理香が初日から首位の座を守り抜き、ツアー4勝目を飾った。

トータル18アンダーの2位に西郷真央。トータル11アンダーの3位に西村優菜が続いた。トータル10アンダーで4位タイで終えた堀琴音は、自身4年ぶりのトップ5入りだった。

今大会には菊地ほか、渡邉彩香、鈴木愛、イ・ボミ(韓国)ら歴代覇者が全員出場。今季2勝を挙げる山下美夢有、2週連続Vをねらう西村優菜、稲見萌寧らを筆頭に、熱い戦いが繰り広げられる。

■国内男子「ジャパンプレイヤーズチャンピオンシップ by サトウ食品」(6月23〜26日、栃木県・西那須野カントリー倶楽部、賞金総額5000万円)

ジャパンゴルフツアー選手会主催の今大会は、2回目を迎える。昨年は5月に行われたが、今年はおよそ1カ月半遅い開幕となった。

昨年大会は、当時プロ転向4戦目だったルーキー片岡尚之がトータル15アンダーでツアー初優勝を挙げた。さらにコロナ禍により許可されている“セルフプレー”でのツアー史上初の優勝だった。1打差のトータル14アンダー・2位タイに宮本勝昌、時松隆光、植竹勇太、杉本エリック、トッド・ペク(米国)が入った。

■欧州男子「BMWインターナショナル・オープン」(6月23〜26日、ドイツ・ミュンヘン・アイヘンリードGC、賞金総額200万ユーロ=約2億8000万円)

2回目の開催となる欧州ツアー大会。昨年の第1回大会はノルウェーのビクトル・ホブランが欧州ツアー初優勝。史上初となるノルウェー勢の同ツアー優勝という偉業を成し遂げた。

日本勢は金谷拓実、川村昌弘、そして同じBMWの冠が付く6月初旬に行われた国内メジャー「BMW 日本ゴルフツアー選手権 森ビルカップ」を制した比嘉一貴が出場する。

TOPICS

ランキング(スポーツ)

ジャンル