top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

シニア初Vの祝福に「うれしはずかし」 藤田寛之が臨む「チャレンジしたい」史上6人目の記録

ゴルフ情報ALBA.NET

シニア初Vの祝福に「うれしはずかし」 藤田寛之が臨む「チャレンジしたい」史上6人目の記録

<JAPAN PLAYERS CHAMPIONSHIP by サトウ食品 事前情報◇21日◇西那須野カントリー倶楽部(栃木県)◇7036ヤード・パー72>

先週の国内シニア「スターツシニア」で参戦5試合目にしてシニア初優勝を遂げた53歳の藤田寛之。今週はレギュラーツアーに舞台を移す。公式練習日のこの日、コースに姿を表すと、選手や関係者から祝福の嵐だった。


レギュラーツアーでは2014年の「アジアパシフィックオープン ダイヤモンドカップ」で18勝目を挙げたのが最後の優勝となっているが、それ以来8年ぶりの勝利。「自分も嬉しいんですけど、想像以上に回りの方が喜んでくれたのは嬉しかったですね」と多くの祝福の声を喜んだが、「レギュラーツアーの選手に『おめでとう』っていわれると、うれしはずかしいです。不思議な感覚です」とはにかんだ。

藤田は23季連続で守った賞金シード権を昨季喪失。今季は「生涯獲得賞金上位25位以内」の資格を行使して、レギュラーツアーが主戦場は変わらない。ただ、極度のショットの不調からここまで9試合に出場して予選通過は4試合で、「ASO飯塚チャレンジドゴルフトーナメント」の39位タイが最高成績。先週のシニアの会場では師匠の芹澤信雄の“魔法”のアドバイスで復調の兆しを見せて、勝利をつかんだ。先週の勢いのまま今週のレギュラーでも上位を目指したいところだ。

シニアとレギュラーをまたいだ2週連続優勝の期待もかかる。「今のレギュラーツアーはレベルが高いですよ。スイングスピードは速しい、ボールは飛びますし。先週の3日目はショットの調子がちょっと怪しかったんです。まずは予選通過です」と、普段通り1打1打に集中すると話す。

「ASO飯塚チャレンジドゴルフトーナメント」の3Rから先週の最終日まで5ラウンド連続でボギーなし。「ショートゲームがいいので、ショットが良くなれば。修正する方向性も見えているので、なんとかくらいついていきたいですね」と小技の名手らしいゴルフを取り戻しつつある。今季開幕前の目標は賞金シード奪還と50代での優勝。それに近づけるためにもショットの安定性をさらに高めたいという。

ちなみに、同一年でレギュラーツアーとシニアツアーで優勝したのは、杉原輝雄、金井清一、中嶋常幸、プラヤド・マークセンの4人。国内と米シニアの青木功を入れれば、過去5人が達成している記録である。

史上6人目の記録がかかるが「自分のゴルフが本当によくなってくれば楽しみでしょうけど、まだそんな気分になれないですよ」。20代前半の若手が台頭する今のレギュラーツアーで達成するには藤田にとって高い壁ではある。「レギュラーツアーで結果は残したいですし。それを待ち望んでくれている人も多いですから、チャレンジしたいですね」と決してあきらめているわけではない。

【レギュラー&シニアツアー同一年優勝】
・杉原輝雄【1989年 ダイワKBCオーガスタ ※日本プロシニア、※ミサワリゾートトーナメント】
・金井清一【1990年 NST新潟オープン ※TPCスターツシニア、※日本プロシニア】
・青木功【1992年 カシオワールドオープン ※ネイションワイド選手権(米シニア)】
・中嶋常幸【2006年 三井住友VISA太平洋 ※日本プロシニア、※日本シニアオープン】
・プラヤド・マークセン【2017年 SMBCシンガポールオープン ※日本シニアオープンなど4勝を挙げて賞金王】
※印はシニア競技


TOPICS

ランキング(スポーツ)

ジャンル