top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

全国各地で満席続出『PLAN 75』大ヒットスタート!75歳以上が自ら生死を選択できる制度<プラン75>に賛否の声!主演:倍賞千恵子からのコメント映像も到着!

cinefil

第75回カンヌ国際映画祭オフィシャルセレクション「ある視点」部門正式出品され、カメラドール特別表彰を授与された映画『PLAN 75』が、6月17日(金)より新宿ピカデリー、シネスイッチ銀座ほか全国90館(18(土)~91館)で公開し、大ヒットスタートを切っている。

脚本・監督は、本作が長編初監督作品ながら、2022年カンヌ国際映画祭オフィシャルセレクション「ある視点」部門への正式出品、カメラドール特別表彰授与という快挙を成し遂げた早川千絵。
主人公・角谷かくたにミチを演じるのは倍賞千恵子。<プラン75>に携わる側には磯村勇斗、河合優実を配し、他にたかお鷹やステファニー・アリアン、大方斐紗子、串田和美らが顔を揃えた。超高齢化社会に対応すべく75歳以上が自ら生死を選択できる制度<プラン75>が施行され、その制度に大きく翻弄される人々の姿を描いた衝撃作。

初日から日曜日までの3日間までに全国各地の劇場で満席が続出

公開2日目の18日(土)には、新宿ピカデリー、シネスイッチ銀座でキャストによる舞台挨拶を実施し、いずれも完売。メイン館の新宿ピカデリーの週末動員数では、『トップガン マーヴェリック』の動員を抑え、1位を記録。シネスイッチ銀座では、金曜日の初回からチケットを求めて観客が長蛇の列をなし、土日も満席の回が続いた。客層は30代以降の映画ファンを中心に、女性のグループ、ご夫婦・カップルなど複数での鑑賞が多く、幅広い層に広がっている。
SNS上には、「震えるほど感動」、「頭から離れない」、「“生きる”という命題を観る者に突きつける大傑作」など絶賛の声が相次いでいる。また、物語の設定である、“75歳以上に生死の選択権を与える<プラン75>の制度”に対して、「PLAN50や60が有れば早めに選びたい 迷惑かけて生きるのは嫌」、「制度として施行されたなら、使うかもしれない。使うことに対して肯定的で、抵抗はない」という肯定的な意見と、「本当にあったら選択肢ではなく “暗黙の圧力”」「自分は申し込みたいなと思う側だったけど、映画を観てそんな制度は絶対に否定しなきゃいけないと思った」など否定的な意見が割れており、様々な議論が巻き起こっている。
そのほかに、「ミチの姿を観るたびに母を思い出して涙があふれた」と倍賞演じる主人公ミチへの感想や「ヒロムが職務と良心の間で揺れる姿にグッとくる」、「心が揺れる瑶子の最後の顔が強烈に印象に残った」など、制度を推進する側のヒロム(磯村勇斗)や瑶子(河合優実)ら若者たちが葛藤する姿も共感を呼んでいる。
尚、明日21日(火)にはアップリンク吉祥寺で早川千絵監督と河合優実さんの舞台挨拶の実施を予定している。

また、主演を務めた倍賞千恵子のコメント映像も解禁された。

倍賞は、「皆さんもこの映画を観て、自分の生き方とか、命の大切さとか、愛とか、そういうことを一緒に観ながら考えて頂けるといいなと思います。お友達と一緒に、愛する人と一緒に、是非この映画を観てください。劇場にいらしてください」と、優しい顔でコメント。
「人が生きることを全肯定する。そんな映画にしたい」と語った早川監督の想いに応えるように、観客へ命や生き方について考えて欲しいと語り掛ける。

映画『PLAN 75』倍賞千恵子コメント映像

広告の後にも続きます

【STORY】
少子高齢化が一層進んだ近い将来の日本。満75歳から生死の選択権を与える制度<プラン75>が国会で可決・施行された。様々な物議を醸していたが、超高齢化問題の解決策として、世間はすっかり受け入れムードとなる。
夫と死別してひとりで慎ましく暮らす、角谷ミチ(倍賞千恵子)は78歳。ある日、高齢を理由にホテルの客室清掃の仕事を突然解雇される。住む場所をも失いそうになった彼女は<プラン75>の申請を検討し始める。一方、市役所の<プラン75>の申請窓口で働くヒロム(磯村勇斗)、死を選んだお年寄りに“その日”が来る直前までサポートするコールセンタースタッフの瑶子(河合優実)は、このシステムの存在に強い疑問を抱いていく。また、フィリピンから単身来日した介護職のマリア(ステファニー・アリアン)は幼い娘の手術費用を稼ぐため、より高給の<プラン75>関連施設に転職。利用者の遺品処理など、複雑な思いを抱えて作業に勤しむ日々を送る。
果たして、<プラン75>に翻弄される人々が行き着く先で見出した答えとは―――。

倍賞千恵子
磯村勇斗
たかお鷹 河合優実 ステファニー・アリアン 大方斐紗子 串田和美

脚本・監督:早川千絵

脚本協力:Jason Gray
エグゼクティブ・プロデューサー:小西啓介 水野詠子 國實瑞惠 石垣裕之
 Frédéric Corvez Wilfredo C. Manalang
プロデューサー:水野詠子 Jason Gray Frédéric Corvez Maéva Savinien
企画・制作:ローデッド・フィルムズ

  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング(映画)

ジャンル