top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

ヒョウと人間が共存するインドの村。ヒョウを崇拝し家畜を捧げる

カラパイア


 インド北部、ラージャスターン州のアラヴァリ山脈周辺は、野生のヒョウが数多く生息している地域だ。

 中でもパーリ県の小さな村、ベラ周辺では、威厳のある野生のヒョウが自由に歩き回っている姿を見
ることができ、人々は頭を垂れて彼らを敬う。

 住民たちにとってヒョウは神聖な生き物で女神の化身とされ信仰対象となっているのだ。

 この村周辺では、ヒョウが観光客を惹きつけ、人間の生計の足しになっている一方、人々は自分たちの家畜をヒョウに獲物として与えるという共存関係が保たれている。

人とヒョウが共存関係を築く

 人とヒョウの奇妙な平和的共存の話が始まったのは45年前のこと。6頭のヒョウが、岩山を探し求めてカンブホールガー国立公園から下りてきた。

 ベラの村は、ヒョウにとって自然の生息地としておあつらえむきの場所だった。まもなく彼らは、岩の間をぬうようにしてつながる洞窟の迷宮にずっと棲みつくようになった。

 洞窟の岩陰の間で子どもを産み、迷路のようなトンネルは、彼らが3日ごとに棲みかを変えるのに十分な環境だ。

 この生活スタイルのおかげで、ヒョウの子どもたちが生き延びる確率が高くなった。だいたいヒョウの子どもは3頭中1頭しか生き残ることができないが、ベラでは3頭とも成獣になれる。

 その数は2020年までに大幅に増えた。この地域では、50~70頭のヒョウが目撃されているという。

The Kingdom of Leopards – Bera, Rajasthan

ヒョウは女神アンベー・マタの化身として信仰の対象に

 ベラ周辺のジャワイ・バンドの20平方キロ範囲は、2003年にジャワイ・ヒョウ保護区に指定された。

 サファリガイドツアーでは、ほぼ100%の確率でヒョウの姿を見ることができるが、ヒョウはまだ保護区の外に生息している。

 現在、ベラの村は、世界でももっともヒョウの数が集中している地域のひとつで、地元ラバリの人たちの宗教的な信心もあって、ヒョウは村に馴染み、池周辺や道など人間の生活圏を自由に歩き回っている。

image credit:Koushik Ranjan Das / Wikimedia

 ヒョウが丘の上にある祠の階段で目撃されると、地元の人々は立ち止まって道を譲り、ヒョウは何事もなかったかのように悠々と道を横切って行く。

 ヒョウ以外にも、保護区にはキツネ、ハイエナ、ニルガイという牛、ワニなどの動物や、200種もの鳥類がいるが、女神アンベー・マタの化身と考えられているのはヒョウだけだ。

ヒョウに家畜を捧げることで村が繁栄すると信じられている

 ヒョウは、地元の人たちが育てた家畜を襲うことも多いが、ベラの人々はこうした行為を目の敵にしない。

 彼らに言わせると、ヒョウが彼らの羊を襲っても、神がその2倍の埋め合わせをしてくれるという。

 迷信はともかくとして、政府はヒョウによる頻繁な家畜の被害を認め、ヤギ一頭の損失に4000ルピー、牛一頭では1万5000ルピーを補償する政策を定めている。

 もちろん、ベラの人々はヒョウと平和に共存できると信じ、多くは金銭的な補償を拒否し、ただ生命のサイクルのなすがままにまかせている。

 ヒョウは神聖だと考えられているため、誰も彼らを殺したりせず、周辺のほとんどの祠にはその像が建っている。

 インドには、およそ1万4000頭のヒョウがいるが、国内のほとんどの地域では、土地の開拓の過程や、恐怖の報復として密猟されている。

 ここベラの村だけが、ヒョウが人の間を自由に歩き回れる唯一の場所なのだ。

Jawai – a tale of humans, leopards and landscapes

観光客が多く訪れるように

 ヒョウの多くは、ベラの尾根の斜面を歩き回っているが、村の私有地の中もぶらついている。

 自然と人間のこうした驚くような共存の光景は、地元の人間でなく、明らかに外部からの関心を集めている。

 ここ数年、村周辺に観光客が押し寄せるようになり、双眼鏡を首から下げた面々が人の間で暮らすヒョウをひと目見ようと待ち受けるようになった。

 私有地の多くは、ホテル経営者やリゾートのオーナーに貸し出され、この土地に入って来る観光客を受け入れることができるようになっている。

 だが。このことが知れわたることが、さまざまな意味で生態系のバランスを崩す原因になっている。

 かつては、ヒョウが獲物を求めて歩き回り、今では人間がヒョウを探してさまよっている。

 多くのサファリガイドが動物の死骸を道路に置いて、見世物のためにヒョウを誘い出そうとしている。

 地元の人間は、家畜を殺すヒョウのおかげで報酬を受け取り、観光客はインスタのためのネタを集める。

 しかし、このような人間同士の無秩序な行為で、ヒョウが歩き回ることができる空間が狭まりつつある。

 オスのヒョウは、ほかのオスが縄張りの中に入らないようにする。これは、個体数が増加するためのスペースが不足する中、オスが子どものヒョウを襲う傾向が増加する傾向にあることを意味する。

 森林局がヒョウの救済を継続しているが、どれくらい続くのだろうか?

References:Bera, The Indian Village Where Man and Leopards Live Together | Amusing Planet / written by hiroching / edited by / parumo

TOPICS

ランキング(動画)

ジャンル