top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

“一生モノの友達”がいない…と悩む学生へ マツコの「ひと言」がグッとくる

fumumu

20日放送の『5時に夢中!』(TOKYO MX)に、タレントのマツコ・デラックスさんが出演。

“一生もの”と呼べる友達がいないことに悩む学生へ、マツコさんのコメントが多くの反響を呼んでいます。


■“一生もの”と呼べる友達がいない

同日の放送では、読売新聞『大手小町』の記事を紹介。

記事では、20代女子学生の投稿が取り上げられており、投稿者は高校時代には仲の良い友達がいたものの、卒業後は疎遠になり、自分から連絡しようと思っても、二の足を踏んでしまうそう。

広告の後にも続きます

「“学生時代の友達は一生もの”といいますが、自分にはそのような存在がいない…と落ち込んでしまいます」と記されており、投稿者は、「友達にこだわらずに生きるというのもあると思いますが、割り切れない気持ちがあります」と思い悩んでいるといいます。


関連記事:マツコ、鈴木奈々の号泣悩み相談にガチアドバイス 「元に戻ればいい」

■マツコ「そんな人必要?」

コメントを求められたマツコさんは、「一生ものって何? ずーっと死ぬまで仲良くしてるって意味かな?」と切り出します。

共演者から「お葬式に来てくれる人って意味?」という声が上がると、「そんな人いる? そんな人必要?」「例えば、年取って70歳とか80歳になってから出会った人でよくない? お葬式に来てもらう人って」とし、「一生ものって考えちゃうと、すごい大変になるじゃない。関係性をこう…おかしくしないで、未来永劫付き合おうと思うと」とマツコさん。

これには、スタジオからも共感する声が上がります。

■「そんなものでいい」くらいの気持ちで
  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング(エンタメ)

ジャンル