top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

昔ばなしをミステリ仕立てで読み直す、大人たちのための寓話【昔話ミステリ】

ホンシェルジュ

「むかしむかしあるところに、」と始まる桃太郎やおむすびころりんなどの昔ばなし。
幼い頃に読み聞かせてもらった人も多いのではないでしょうか。

そんな「昔ばなし」の中で、もし殺人事件が起こったら……?こんな血生臭い昔ばなし、子供にはとても読ませられない!でも、おもしろいこと太鼓判!
メルヘンチックな物語に飽きてしまったあなたへ贈る、スパイスの効いた大人の昔ばなしです。

アリバイ崩しにダイイングメッセージ!「めでたし、めでたし」ではおわらない昔ばなしミステリ

『むかしむかしあるところに、死体がありました。』

著者青柳 碧人 出版日2019-04-17

『むかしむかしあるところに、死体がありました。』に収録されている昔ばなし

・一寸法師(一寸法師の不在証明)

・花咲じいさん(花咲か死者伝言)

・つるの恩返し(つるの倒叙がえし)

・浦島太郎(密室龍宮城)

・桃太郎(絶海の鬼ヶ島)

『むかしむかしあるところに、死体がありました。』の魅力

広告の後にも続きます

昔ばなしといえば「めでたし、めでたし」とおわり、読者に教訓めいたものを残します。

それはきっと読み聞かせる対象がまだ社会というものを経験していない年齢の子供だからではないでしょうか。そんな子供たちに生きていく上での知恵を授けるのが、昔ばなしの1つの役割と言っていいかもしれません。

では本書はどうか?こちらは、ひととおり社会の苦味を味わってしまった大人たちに向けた、教訓なしの純然たる昔ばなしミステリです。

例えば「一寸法師の不在証明」。原題はもちろん「一寸法師」。「不在証明」とは「アリバイ」のことです。

ところで、昔ばなしの「一寸法師」とはどんな物語だったか覚えているでしょうか?簡単にあらすじを紹介すると、身長が一寸(約3.03センチ)しかない男性、その名も「一寸法師」がお姫様にちょっかいをかける鬼を退治し、鬼の宝物である打ち出の小槌で身長を大きくしてお姫様と結婚する、という筋書きです。

そんな昔ばなしの英雄として語り継がれる一寸法師にあろうことか、殺人容疑が!

  • 1
  • 2