top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

島崎遥香、夫・佐野岳との初ベッドインでお互いの好きなところを告白! 『私たち結婚しました 3』第3話放送

Pop’n’Roll

島崎遥香、夫・佐野岳との初ベッドインでお互いの好きなところを告白! 『私たち結婚しました 3』第3話放送

【画像はこちら】

島崎遥香と佐野岳が出演するABEMAオリジナルシリーズ恋愛番組『私たち結婚しました 3』第3話が、6月17日(金)23:00より放送された。

同番組は、韓国で2008年から約9年間レギュラー放送された『私たち結婚しました』を日本版にリメイクした結婚モキュメンタリー番組。今シーズンでは、佐野岳と島崎遥香のペア、中田圭祐と川島海荷のペアの2組が結婚生活を送る。MCは千鳥のノブと三浦翔平、シーズンゲストとして高橋みなみが出演する。

第3話では、佐野岳と島崎遥香夫婦の新居でインターホンが鳴り、扉を開けると、大きなベッドのフレームや材料が置かれていた。ラブミッションとして、一緒に寝るためのベッドを組み立てていくことに。スタジオでその様子を見守る三浦翔平も“けっこう大変”と言うほどハードな共同作業に苦戦する2人。足を使いながら豪快に作業を進める島崎に、佐野は“お~、さすがぱるちゃん! マジで強い”と驚きの表情を見せた。

そして休憩しながら出前を頼むことに。“俺、あんまりUber Eats使ったことないからわかんないんだよね。自分で作ったり、外に食べに行ったり……”と話す佐野は、うな重のメニューを発見。すると島崎は“私ね……うなぎにうるさいのよ。出身の埼玉・川越でうなぎが有名だから”と意外なこだわりを告白。それを聞いて佐野が“じゃあ、うなぎやめとく?”と提案すると、島崎は“Uberのいいところって、別々で頼めるところじゃん”と語り、佐野にうなぎを勧めた。

そのやり取りを振り返った島崎は“もう本当に私に合わせないでと思って……。でも、すごい気にかけてくれて、頑張ってくれて、私ばかり楽してないかなと心配”と、佐野の優しさを語った。出前が到着して2人で夕食を食べ始めると、佐野が“子どもができたらどうしたい?”と質問。島崎は“子育てをしている自分の想像がつかない”と笑いつつ、“子どもがやりたいこととかはやれるような経済力……、お金がなくてやらせてあげられないというのはなるべくなくしたい”という考えを告白。佐野も“頑張りますわ”と気合を見せ、将来の話を通して夫婦の絆を深めた。

汗だくで完成させたベッドを前にハイタッチし、ミッション完了の記念として同時にダイブした2人。夜は、ベッドの上に置かれていたラブミッションに沿って、見つめ合いながらお互いの好きなところを3つずつ伝えることに。先に佐野が島崎に対して、“嘘をつかないところ、頭がいいところ、笑顔が可愛いところ”と素直な気持ちを告白。次に島崎が伝える番になると、“え~、いっぱいありすぎて迷う……”と考える場面も。そして“真面目なところ、気遣いが神様レベルなところ、Uber Eatsが初めてだったところ”という3点を列挙。3つ目を聞いて笑う佐野に対し、“1人暮らしの男性って、けっこう出前を使いがちと思ってたけど、自分で作るんだよね。偉い、すごい”と感心した想いを伝えた。佐野が“改めて口に出すと恥ずかしいね”と話すと、島崎は“素直に嬉しかった”と率直な想いを告げた。その後、暗い部屋にキャンドルの明かりをともし、初日からの想いを振り返った2人。揺れる火を前に佐野は、“ぱるちゃんの人間性や根底の部分がちょっとだけ垣間見えた、初日よりさらに共通点とか増えた気がする”と本音を告白。最後に2人で“これからもよろしくお願いします”と語り、夫婦で初のベッドインをし就寝した。

夫婦の様子を観ていたスタジオでは、2人の距離がさらに縮まることに期待するトークを展開。島崎の先輩である高橋は“あれが素のぱるる、自然体”と語りながら、ノブも“もう少し自然体にね”とアドバイス。さらにノブは“岳くんと遥香ちゃんには、もう少し火を見せたほうがいいかな”というミッションも提案し、三浦も同意しながら“火は語らせるのよ”と熱弁。高橋も“確かにさっきちょっと語り始めましたよね”と話すと、三浦は“あの火がキャンドルじゃなくて焚火だったら、もう語るよ。わた婚は「火」なのよ”と前のめりに『わた婚』シリーズの魅力を熱弁した。

SNSでは“がくぱる夫婦”の愛称で親しまれ、“いい空気感”“これからがさらに楽しみ”“がくぱるお似合い”などの声が寄せられていた。初のベッドインで素直な想いを伝え合った夫婦の様子は、ABEMAにて無料配信中。

『私たち結婚しました 3』
#3放送日時:2022年6月17日(金)23:00~23:30
放送チャンネル:ABEMA SPECIALチャンネル

TOPICS

ジャンル