top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

食費月2万のライフハック、手取り25万で10万貯金… Twitterの節約ネタに見る「お金と幸せ」のバランス

J-CASTニュース

ツイートまとめサービスTogetter(トゥギャッター)を運営しているスタッフがTwitterで注目された話題を厳選し、考察するコラムの第55回をお送りします。今回のテーマは「節約」です。

節約や貯蓄のライフハックはTwitterで定期的に盛り上がる話題です。実用的な情報を共有し合うだけでなく、節約と生活の質(QOL)とのバランスなど、議論の種にもなっています。今回は、節約に関してバズった例から、注目される理由を考察します。

Togetter社が解説する「3分くらいで分かる週刊Twitterトレンド」<出張版>

節約ライフハックはいつでも人気

食費をはじめとする生活費を節約するためのライフハックは積極的に拡散されやすいテーマです。

料理研究家のリュウジさんが提案したのは、新生活を始めた人向けの食費節約術。リュウジさん自身が月収9万円で生活していた頃「ご飯は一度に3合炊いて一人前ずつ冷凍」「鶏むね肉は栄養価もコスパも神、安い時に買って冷凍」「残り野菜はコンソメで煮ておけばOK」といった、具体的な節約のヒントをシェアしました。

広告の後にも続きます

リュウジさんは投稿を見たTwitterユーザーからの質問にも積極的に回答していて、やり取りをピックアップしたまとめでもそのほかの節約術情報が集まっています。

<『月収9万円時代をこれで乗り切りました』新生活、自炊はこれだけ覚えておけばいい「パスタはコスパも保存性も神」「コンソメで煮ればおけ」 – Togetter>

いまや大人気のリュウジさんにも月収9万円で生活していた時代があった、というキャッチーさも相まって、とりわけ注目を集めていました。

また、多くの女性にとって重要度の高い「美容」。これらにかかる費用の節約術を求めるツイートも拡散されやすい話題です。

<美容の維持費にとにかくお金が掛かる…どうやって節約すればいいのか→集まる様々な節約方法 – Togetter>

「美容の維持費にとにかくお金がかかるので、どう節約すればいいのか」というツイートがバズったことをきっかけに、美容院、ネイルサロンやまつ毛パーマなどのお店に行く回数を減らしてセルフケアする方法や、コストを下げる術などバラエティ豊かな節約ノウハウが投稿されていました。もちろん、美容維持をしようとすると、とにかくお金がかかることへの共感も集まりました。節約ノウハウ以外にも、共感をよぶ要素が含まれていることが拡散を後押ししたのでしょう。

節約できる究極のポイントは生活環境

  • 1
  • 2

TOPICS

ジャンル