top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

“中年の星”藤田寛之がシニア初V! 海外シニアメジャーに思いを馳せながら、レギュラーでも活躍誓う

ゴルフ情報ALBA.NET

“中年の星”藤田寛之がシニア初V! 海外シニアメジャーに思いを馳せながら、レギュラーでも活躍誓う

<スターツシニアゴルフトーナメント 最終日◇19日◇スターツ笠間ゴルフ倶楽部(茨城県)◇6932ヤード・パー72>

藤田寛之はトータル18アンダーまでスコアを伸ばしてシニアツアー初優勝。3日間1度もボギーを叩くことはなく初日からトップを守り抜き、2位以下に5打差をつける完勝だった。14年9月のレギュラーツアー「アジアパシフィックオープン ダイヤモンドカップ」以来、8年ぶりの勝利に「うれしいです」と白い歯を見せた。


12年に43歳でレギュラーツアー賞金王に輝いたショットメーカーも、ここ2、3年はショットの不調に苦しみ、昨シーズンはついに23季連続で守ってきたシードを失った。「左へミスする残像が消えない。アイアンは右へ飛ぶのに、ドライバーは左へいく」。それを排除しようと努めているが、今年に入っても復調のきっかけをつかめず、レギュラーツアーでは9試合に出場して予選落ち5回。「何をすればいいのか」糸口さえつかめずにいた。

50歳を超えて年齢とも戦いながら苦しむ藤田に、本来のショットの感覚を呼び覚ましたのは師匠の芹澤信雄だった。ともに出場した今大会の会場で、実に3カ月ぶりに直接レッスン。「芹澤さんに見てもらうと不思議な現象が起きるんです。スイングをどうこうよりもボールが変化する。マジックですよ」。狙ったところにボールが飛ぶようになり、久しぶりに戦える状態が整った。

いくら練習でできても、試合になるとなかなか上手くいかないのはよくある話。そんな心配も杞憂に終わった。初日にいきなり8アンダー・首位タイ発進。パー72での「64」は、本人も「最近は記憶にない」ほど。ラウンド後には「一生このショットでいきたいくらい」とまで藤田は言った。

そんな弟子の姿を芹澤は「今回はシニアに来て、周りが自分と同じ距離だからできるんです。レギュラーに行くと30ヤード以上置いてかれるから、飛ばそうと力んで、クラブの動きが変わっちゃう。シニアで回っていたらセカンドオナーではない。気分もよくなって余計にラインが出ちゃいますよ」と冷静に見ていた。

2日目も6つのバーディでトータル14アンダーまで伸ばし、2位に3打差をつけて単独トップに立った。しかし、最終日の優勝への道のりは簡単ではなかった。「ショットの調子は初日が一番良くて、だんだん右肩下がりではありました」と藤田は語る。

1、2番ホールはウェッジでのコントロールショットをミスして、チャンスにつけられず。伸ばしたい最初の2ホールで停滞し、重苦しい雰囲気があった。ウェッジのミスについては「自分が思ったような入り方をすれば距離感が合うんですけど、それが全部ズレているので、距離感もズレるという感じ」と、不安を抱えるなかでゲームを進めた。

とはいえ、バーディがこないだけでピンチはほぼなかった。「距離があっても上りにつける」マネジメントを徹底。同組の2人のシニアツアー歴代賞金王、タワン・ウィラチャンとプラヤド・マークセン(ともにタイ)が、横や下りからの難しいパットを残すのに対し、藤田はたとえグリーンを外しても、セーフティに上りにつけ『お先パー』を重ねていく。レギュラーツアーで戦い続ける役者の違いを見せた。初日よりは少ないチャンスのなかで4つ伸ばし、16番ホールで5打のリードを見て、勝利を確信した。

今季はシニアツアー初出場ながら、優勝賞金1400万円を獲得し、賞金ランキングトップに立った。今シーズンの賞金ランキング10位以内の上位2名の資格で、来年のシニアメジャー「全英シニアオープン」、同4位以内の資格で「全米プロシニア」と「全米シニアオープン」の出場権を得られる。優勝の余韻に浸りながらも「メジャーは考えています」と藤田。しかし、今回はレギュラーツアーがない空き週で、シニアツアーに出場したが、試合が重なればレギュラーを優先することになる。

「メジャーには行きたいけど、レギュラーでも頑張りたいし」と、もどかしい気持ちも。それでも、「まずは結果を出すこと。そのためのゴルフをしなきゃいけないと思っている」と目の前の試合に集中する構えだ。

さらに、「世の中のオジサンたちが、あのオジサンが頑張っているんだから俺も頑張んなきゃと、そういう刺激になればうれしい」と“中年の星”は話す。シニアツアーの温かい雰囲気に居心地の良さを感じつつ、今週は再びレギュラーツアーへ。溺れそうにもがき苦しむ荒波へ気持ちを奮い立たせた。

TOPICS

ランキング(スポーツ)

ジャンル