top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

鈴木達央 新声優に完全差し替えで『東リべ』から“追放”…続く不倫の代償に「自業自得」の声

女性自身

鈴木達央 新声優に完全差し替えで『東リべ』から“追放”…続く不倫の代償に「自業自得」の声

6月19日、人気アニメ『東京リベンジャーズ』(以下、東リベ)の第2期「聖夜決戦編」が’23年1月から放送されることが発表された。そんななか、主要キャラクターの“ドラケン”こと龍宮寺堅役の交代が発表され、注目を集めている。

 

『東リベ』第1期からドラケンを演じていたのは、鈴木達央(38)。だが「聖夜決戦編」では、福西勝也が演じることが決定した。「東リベ」の公式YouTubeチャンネルでは「東京卍會結成日記念PV」も公開され、“新ドラケン”の声に次のような反響が寄せられている。

 

《ドラケン、違和感ない声優さんにしてくれて本当にありがたい》
《ドラケンの声が前とあんまり変わってないの泣きそう》

広告の後にも続きます

 

「聖夜決戦編」の制作が発表されたのは、昨年12月18日。ところが、それから1週間あまり経った同月27日に鈴木がドラケン役を降板することが判明。本作の公式サイトを通じて、《事務所、委員会双方協議の上、役を交代となりますことをお知らせいたします》とアナウンスされたのだ。

 

「鈴木さんは昨年7月に不倫が報じられました。不倫相手は仕事仲間である都内スタジオに勤務する女性だったといいます。妻のLiSAさん(34)が不在の間に、自宅に招いていたと報じられました。さらには、鈴木さんが不倫相手の女性に未公開音源を聞かせていた疑惑も浮上したのです。相手女性のSNSから判明したとのことで、報じられた直後は業界内に震撼が走りました」(制作関係者)

 

不倫報道直後から活動を休止していた鈴木だが、今年3月から活動を再開させている。その一方で、不倫報道をきっかけに出演作品の降板が相次ぐ事態に。加えて5月には、鈴木が「Ta_2」名義でボーカルを担当する音楽ユニット「OLDCODEX」も解散が発表されたばかり。そこに続けてドラケン役の交代と、余波は広がっているようだ。

  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング

ジャンル