top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

「はじめて、うれしい」ボギーなしで優勝の西村優菜 90年以降では12人目

ゴルフ情報ALBA.NET

「はじめて、うれしい」ボギーなしで優勝の西村優菜 90年以降では12人目

<ニチレイレディス 最終日◇19日◇袖ヶ浦カンツリークラブ・新袖コース(千葉県)◇6527ヤード・パー72>

西村優菜が3日間で17バーディを奪い、ボギーは『ゼロ』。圧巻の完勝劇を演じた。このボギーなしの優勝は、ツアーでは昨年6月の「ヨネックスレディス」での笠りつ子以来。資料が残る1990年以降では、12人目の達成となった。


今季ここまでバーディ率1位の西村。1ラウンド平均3.8コのバーディを出している。パーセーブ率も7位と、攻守がかみ合って平均ストロークは3位。「攻めるのと守るのがうまくいったときが勝ててるのかな、と。すべてのホールで自信を持って打てていたので、気持ちのほうが大事だなと思った」とボギーフリー優勝を振り返った。

今季の予選ラウンド平均ストロークは1位。第1ラウンドの平均ストロークも1位なのだが、実は第2ラウンドに25位といったん落ちこむ。そして、第3ラウンドが3位と“V字”の傾向があった。「いままでは1日目にビッグスコアが出ると、2日目にいいスコアが出にくいというのがあって、そこをどうクリアするかが課題でした。常に初日だというような感じで挑んだのがよかったです」。今大会は「65」で飛び出すと「68」、「66」とその後も崩れる気配を見せずに突っ走った。

昨年9月から続いていた未勝利だった期間にピリオドをうち、さらには新たなスタイルも確立した西村。「ノーボギーで3日間ラウンドできたのははじめて。うれしかったです」。この喜びを再び味わうため、西村は来週以降もバーディを量産していく。

【ボギーなし優勝記録】※1990年以降
1999年 ハン・ヒウォン NEC軽井沢72ゴルフ ※短縮競技
2003年 アニカ・ソレンスタム ミズノクラシック
2004年 馬場ゆかり ヨネックスレディス
2005年 ポーラ・クリーマー NEC軽井沢72ゴルフ
2009年 有村智恵 大王製紙エリエールレディス
2010年 李知姫 NEC軽井沢72ゴルフ
2015年 アン・ソンジュ TOTOジャパンクラシック
2016年 全美貞 サマンサタバサレディース
2020年 古江彩佳 デサントレディース東海クラシック
2020年 申ジエ TOTOジャパンクラシック
2021年 笠りつ子 ヨネックスレディス
2022年 西村優菜 ニチレイレディス

TOPICS

ランキング(スポーツ)

ジャンル