top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

綾野剛、主演ドラマのプレッシャーは暴露問題だけではない?

リアルライブ

 暴露系ユーチューバーのガーシーこと東谷義和氏に女性スキャンダルなどを暴露されている俳優の綾野剛だが、主演のTBS系ドラマ『オールドルーキー』が今月26日にスタートすることが決定した。

 綾野演じる、元サッカー日本代表の主人公が、所属チームの解散を機にセカンドキャリアの道に進み、第2の人生を歩み始めるというヒューマンドラマ。

 主人公の妻役を女優の榮倉奈々が演じるのを始め、芳根京子、中川大志、岡崎紗絵、NEWS・増田貴久、元乃木坂46・生田絵梨花、反町隆史ら豪華キャストの出演が発表されている。

 ​>>「スパイが5人いる」綾野剛の事務所と暴露系YouTuberの争いが激化、このままスルーできない?<<​​​

 「ここまでキャストを集めておいて、TBSとしては、綾野に何があっても強行突破して放送するしかなかった。そのため、スタートの日程は早められることになった」(テレビ局関係者)

 先日、出席した出演するCM発表会見では、激やせぶりが話題になった綾野。
 ニュースサイト『週刊女性PRIME』(主婦と生活社)によると、6月上旬、神奈川県内にあるサッカースタジアムでは、綾野がユニホーム姿で撮影。

 エキストラ100人ほどの大掛かりな撮影だったというが、綾野は休憩時間には演技について熱く意見を交わしたり、カメラが回っていないところでボールを蹴り合ったり、疲れを見せず演技に取り組んでいたという。

 しっかり、座長としての役割を果たしている綾野だが、いろんなプレッシャーがのしかかっているようだ。

 「まずは、東谷氏の今後の暴露。東谷氏は今月22日に公示される参院選に出馬するが、ドバイからのオンラインの選挙戦やNHKの各都道府県での政見放送での暴露を予告。綾野のみならず、所属事務所『トライストーン・エンタテイメント』のほかのタレントにも暴露が及ぶことにもなりそうで、戦々恐々のはず。本来ならば、撮影どころではないはずだが、逃げ出すわけにもいかない」(芸能記者)

 そして、どうしても話題になってしまうドラマの視聴率。先日、最終回を迎えた同じ放送枠『日曜劇場』の嵐・二宮和也主演の『マイファミリー』は初回放送直後からネット上でバズり、最終回の平均世帯視聴率は16.4%、全10話平均で12.9%を記録したのだ(いずれもビデオリサーチ調べ、関東地区)。

 「放送前から何かと話題になった『オールドルーキー』だが、綾野のドラマが二宮のドラマほど数字を取れるとは思わない。おまけに、放送中の暴露で視聴者が離れてしまうこともあり得なくはない話」(同)

 とはいえ、綾野にできるのは、撮影現場を盛り上げることしかないようだ。

TOPICS

ランキング(エンタメ)

ジャンル