top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

「笑える緊張」 藤田寛之は3差首位でシニア初Vへ「自分が5つ伸ばせば大丈夫」

ゴルフ情報ALBA.NET

「笑える緊張」 藤田寛之は3差首位でシニア初Vへ「自分が5つ伸ばせば大丈夫」

<スターツシニアゴルフトーナメント 最終日◇19日◇スターツ笠間ゴルフ倶楽部(茨城県)◇6932ヤード・パー72>

初日を首位タイでスタートした藤田寛之が、2日目もスコアを6つ伸ばしてトータル14アンダー。2位のタワン・ウィラチャンとプラヤド・マークセン(ともにタイ)に3打差をつけて最終日を迎える。


2日目は、最初の4ホールで3つのバーディを奪って、一気に抜け出すと、最終18番パー5では、残り20ヤードのアプローチをあわやチップイン・イーグルという抜群の距離感でギャラリーを沸かせ、楽々バーディで締めた。ここまで36ホールでボギーなしのおまけ付き。今週16日に53歳の誕生日を迎えた12年のレギュラーツアー賞金王は、「53歳になって非常にゴルフが良くなっている。ちょっと恥ずかしいことですけど」とはにかむ。

2年前のシニアツアーデビュー戦、「マルハンカップ 太平洋クラブシニア」では、初日に「65」をマークして単独首位に立ちながら、翌日の最終日に「72」と失速して3位に終わった苦い思い出がある。

「あのときは本当の初戦でシニアの雰囲気が全然わからなくて、初日は先輩方に茶化されながら、『楽しくやれよ』と言われていたら、最終日はいきなりシリアスに。自分でエンジンブレーキをかけながら、パープレーで回れば勝てるだろうと思っていた。自分も一応シニア3年目ですから、いまはシニアのレベルもわかってきました。その違いはあります」

過去の敗戦を生かして、今回はアクセルを緩めるつもりも油断もない。「最終日はけっこうスコアを伸ばしてくる人もいる。ウィラチャンもそうだし、マークセンもいる。自分がスコアを伸ばさないと優勝できないと思う。簡単ではないですね」。

藤田自身は優勝スコアをどのくらいに設定しているのか。「自分が『68』以下で回ってトータル18アンダーまでいけば、70%、80%勝てると思います。自分が4つ、5つ伸ばせば多分大丈夫。それを1つの目標としてやっていくことになる」。

昨年の谷口徹の優勝スコアはトータル18アンダー。また、記録が残る91年以降でシニアツアーの54ホール最少スコアは197ストロークでトータル20アンダーとなっている。もし藤田がきょう「65」で回れば、これを更新することになる。

開幕前には「予選落ちではなく優勝争いの“ドキドキ”をしたい」と話していた藤田。今年はレギュラーツアー9試合に出場して予選落ち5回と苦しい戦いが続いていた。

「18番グリーンでリーダーボードの一番上に名前があって、キャディの小沼にも『緊張するんですか?』って聞かれました。『緊張するけど笑える緊張だろ。最近は笑えない緊張ばっかりじゃないか』って話しをしましたね。ギャラリーの人に楽しんでもらえるプレーもできているし、自分を少しは褒められるのかな」。14年以来8年ぶりのツアー優勝へ。藤田の18ホールがいよいよ始まる。

TOPICS

ランキング(スポーツ)

ジャンル