top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

ネリー・コルダが連覇へ首位浮上 野村敏京が「65」で14位、畑岡奈紗は41位後退

ゴルフ情報ALBA.NET

ネリー・コルダが連覇へ首位浮上 野村敏京が「65」で14位、畑岡奈紗は41位後退

<マイヤーLPGAクラシック 3日目◇18日◇ブライズフィールドCC(米ミシガン州)◇6556ヤード・パー72>

次週に「KPMG全米女子プロゴルフ選手権」を控えるメジャー前哨戦「マイヤーLPGAクラシック」はムービングデーが終了。昨年覇者のネリー・コルダ(米国)が6つ伸ばしてトータル18アンダーの単独首位に浮上。連覇に向けてポールポジションにつけた。


1打差の2位に今季メジャー初戦「シェブロン選手権」の覇者ジェニファー・クプチョ(米国)、3打差の3位に前週の「ショップライトLPGAクラシック」を勝ち、2週連続優勝を狙うブルック・ヘンダーソン(カナダ)。4打差の4位にはレクシー・トンプソン(米国)が続き、5打差の5位タイには海外メジャー2戦目「全米女子オープン」を含む3試合連続優勝を狙うミンジー・リー(オーストラリア)とリディア・コ(ニュージーランド)と実力者が上位に並んでいる。

日本勢は野村敏京が8バーディ・1ボギーの「65」をたたき出してトータル10アンダー・14位タイに浮上。畑岡奈紗はダボを叩くなど「73」と1つ落としてトータル5アンダーの41位タイ、古江彩佳はパープレーでトータル2アンダーの70位タイとなっている。

TOPICS

ランキング(スポーツ)

ジャンル