top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

女性の共感呼ぶ“現実的”な歌詞が魅力!ユーミンの50年にわたる不動の人気

女性自身

女性の共感呼ぶ“現実的”な歌詞が魅力!ユーミンの50年にわたる不動の人気

住んでいた場所は違っても、年齢が近ければ「そうそう! わかる」って盛り上がれるのが、青春時代、仲間とのドライブで聴いた音楽の話。活躍する同世代の女性と一緒に、“’80年代”を振り返ってみましょうーー。

 

■“そうそう”とうなずき、共感する歌詞ばかり

 

荒井由実の時代から50年もの間、不動の人気を誇る松任谷由実だが、13枚ものアルバムをリリースした’80年代は、とくに黄金期と言ってもいいだろう。

広告の後にも続きます

 

「ユーミン好きにとっても’80年代中ごろの作品には特別な思い入れがあるはず。アルバム『REINCARNATION』(’83年)の『川景色』、『DA・DI・DA』(’85年)の『青春のリグレット』などを一番好きな曲に挙げる人も多いのではないでしょうか。『オールナイトニッポン』(’67年〜・ニッポン放送)をはじめ、ユーミンがDJで人気を得たラジオ番組では当時、これらの曲が頻繁にリクエストされていました」

 

そう話すのは、世代・トレンド評論家の牛窪恵さん(54)。ユーミンの魅力は、やはり女性の心に刺さる歌詞だ。

 

「もちろんメロディも素晴らしいのですが、歌詞を聞くと、その場の情景が浮かび上がるほど具体的でリアル。さらに『DESTINY』(’79年)の“たまたま安っぽいサンダルを履いているときに限って、見返したい元カレと会ってしまう”というくだりのように、“そうそう”とうなずき、共感できる歌詞が特徴です」

  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング

ジャンル