top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

11歳少年が近所の4兄弟から性的暴行の被害に HIV感染で死亡する悲劇

Sirabee

何年も性的被害に耐え、重い病気に…。まだ幼い男の子が死亡する最悪の事態になってしまったことを、『The Sun』などの海外メディアが伝えている。


■体調を崩した男の子

昨年のこと、ボリビアで暮らしていた男の子(11)が体調を崩し、病院で検査を受けた。その結果、男の子はHIVに感染していることが判明した。

関係者たちが男の子に事情を聞いたところ、2年以上も前から近所で暮らす4兄弟より性的暴行を受けていたことが明らかになった。男の子は「遊びに行く」と言って兄弟たちを訪問し、その後に繰り返し襲われていたというのだ。


関連記事:プールで溺れた男児を連携プレーで救った父子 関係者たちから感謝の嵐

■男の子の死

男の子の話を聞き、驚いた家族が通報。しかし感染からしばらくたっていたこともあり、男の子の体調は悪くなる一方で、数日前には病院に搬送されるも昏睡状態に陥った。

広告の後にも続きます

そのまま心肺停止状態になった男の子だが、一度は医師が蘇生に成功。だがそれに続きまたしても心肺停止となり、男の子は帰らぬ人となった。男の子と兄弟が知り合った経緯、双方の家族の関わりなど、詳しいことは報じられていない。

■近隣住民らが報復も…

幼い息子に先立たれた母親は、「絶対に黙っている気はない」とコメント。深い悲しみと怒りをあらわにしている。なお加害者たちの年齢はそれぞれ15歳、17歳、23歳、そして28歳。年長の者は昨年エイズで死亡したといい、1名についてはチリに逃亡したとの報道も。

亡くなった男の子の近隣住民たちは裁判所の外に集結し、加害者のひとりを発見。集団で激しい暴行を加え報復したことを、複数メディアが伝えている。


■大統領も悲しみのコメント

この件についてはボリビア全体が揺れたといい、大統領ルイス・アルセ氏も悲しみのコメントをSNSで発表した。

  • 1
  • 2

TOPICS

ジャンル