top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

4864.、Ringwanderung、タイトル未定、situasion[TIF2022メインステージ争奪LIVE前哨戦イベントレポート]夢の舞台への覚悟が心揺さぶるドラマを生んだ新宿の夜

Pop’n’Roll

4864.、Ringwanderung、タイトル未定、situasion[TIF2022メインステージ争奪LIVE前哨戦イベントレポート]夢の舞台への覚悟が心揺さぶるドラマを生んだ新宿の夜

“世界最大のアイドルフェス”として毎年恒例の<TOKYO IDOL FESTIVAL>。一昨年をコロナ禍でオンラインイベントとして開催、昨年は東京五輪との兼ね合いなどもあり、秋の開催となったが、今年は真夏のイベントとして復活を果たす。その注目イベントの1つ、<メインステージ争奪LIVE>が今年も開催された。

TIF初出演のアイドル8組が前哨戦となるライヴを実施し、観客の投票によって4組がTIFの初日に開催される決勝戦に進出。そこで優勝した1組が最終日にメインステージでパフォーマンスを行なえるという恒例のバトルライヴである。

本日6月18日(土)の新宿ReNYは、その前哨戦。第2部には、4864.、Ringwanderung、タイトル未定、situasionが決勝戦進出をかけて熱いパフォーマンスをくり広げた。本記事では、そのレポートをお届けする。

【画像はこちら】

取材&文:竹内伸一
撮影:河邉有実莉

4864.<TIF2022メインステージ争奪LIVE前哨戦>2部|新宿ReNY(2022年6月18日)

【4864.】 初々しくもひたむきに届けた強い想い

第2部は4864からスタート。「爆誕ヨワムシs」のイントロに乗せて“みなさん、こんにちは〜”と元気に挨拶し、キュートな歌声を会場に響かせていく。可愛らしいダンスも相まって、実に初々しい。このあたりは2月にデビューしたばかりのグループといった雰囲気か。

MCでも“この日に向けてたくさんレッスンしてきた”と語っていたが、そんなひたむきな姿が見て取れるステージングが新鮮だった。

ラストの「Jump up!」ではステージを左右に動き回りながら、小気味よくジャンプをくり返す。最後は可愛らしいポーズを決め、初々しくトップバッターを務めた。

4864.<TIF2022メインステージ争奪LIVE>2部

広告の後にも続きます

2022年6月18日(土)
新宿ReNY

M01 爆誕ヨワムシs
MC
M02 ジョウナイサバイバル
M03 春色の奇跡
M04 Jump up !
MC

Ringwanderung<TIF2022メインステージ争奪LIVE前哨戦>2部|新宿ReNY(2022年6月18日)

【Ringwanderung】 情熱的なパフォーマンスで描いたエモーショナルなシーン

RingwanderungはSEに乗ってメンバーが登場すると即座に手拍子を促し、自分たちの空気感を作り上げていく。

「燃える火曜日」では、キレのあるダンスで観る者を惹きつけていき、間奏のダンスパートで大きな手拍子を巻き起こした。彼女たちの楽曲はピアノをフィーチャーした大人びた雰囲気のものが多かったが、そんな楽曲の世界観を体現するかのような、鋭くも激しく情熱的なパフォーマンスと、エモーショナルな歌声が見事だった。

ラストの「パルス」では、“全員、踊れ!”の煽りとともに、会場が大きく揺れる。これまで以上の一体感が生まれて、彼女たちのステージは大団円となった。

Ringwanderung<TIF2022メインステージ争奪LIVE>1部

2022年6月18日(土)
新宿ReNY

overture (SE)
M01 燃える火曜日
M02 ユレルナ
M03 ハロー ハロー
M04 ササル
M05 パルス

  • 1
  • 2

TOPICS

ジャンル