top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

いつも以上のガッツポーズ 佐藤心結が見せた圧巻イーグルからの“ファンサービス”

ゴルフ情報ALBA.NET

いつも以上のガッツポーズ 佐藤心結が見せた圧巻イーグルからの“ファンサービス”

<ニチレイレディス 2日目◇18日◇袖ヶ浦カンツリークラブ・新袖コース(千葉県)◇6527ヤード・パー72>

18番グリーンが最後の最後に大きく沸いた。大会2日目、最終組が18番グリーンに到達すると、そこで大歓声を引き出したのはルーキーの佐藤心結(みゆ)だった。初日に「64」を叩き出し単独首位発進を決め、この日は最終組でのラウンド。ここで教科書通りのイーグルを決め、コブシを握って歓声に応えた。


単独首位からのスタートで出だしをバーディ。前半は3バーディ・1ボギーとスコアを伸ばして後半に入った。ところが11番でボギーが来ると、首位の座を明け渡した。「後半はボギーが先行して、チャンスについてもパターが入らない苦しい展開でした」。プロとしてはじめての最終組で、うまくスコアをつくることができない。

起死回生の瞬間は18番パー5。ピンまで213ヤードの2打目を2番UTでピン手前5メートルにつけると、これを決めてイーグル。首位タイに返り咲き、これまたプロとしてはじめての最終日最終組を射止めた。

「イーグルが獲れて、ご褒美がきてうれしかったです」。5メートルを決めた瞬間、「いつもより大きめにしようと思って」と、こん身ガッツポーズの裏をはにかみながら明かす。「最後にイーグルを獲ったときのギャラリーさんの歓声がすごくうれしかったです」。声援に応えるプラスアルファのガッツポーズは、佐藤なりのファンサービスだった。

昨年10月の「スタンレーレディス」では、アマチュアとして初日2位発進を決めると、2日目を終えて3人が並ぶ首位タイ、最終日も首位タイでフィニッシュ。プレーオフで涙をのんだが、そのときとは状況も心境もまったく違う。「アマチュアのときより優勝したい気持ちは強いです。プロになってはじめて。(同期のなかでも)いちばん最初に優勝できるように」と借りを返す構えだ。

「最高の舞台。緊張はすると思うけど、楽しみながらできればいいなと思います」。18歳以下でのツアー優勝となれば宮里藍、野村敏京、キム・ヒョージュ(韓国)、勝みなみ、畑岡奈紗以来、史上6人目。今度は優勝を決め、とびっきりのガッツポーズで再び18番を沸かせてみせる。(文・高桑均)

TOPICS

ランキング(スポーツ)

ジャンル