top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

ナパ・ヴァレー「ダラ・ヴァレ」とトスカーナ「オルネッライア」が組んだ新プロジェクト「DVO」

ワイン王国

カルトワイン『マヤ』を手掛ける「ダラ・ヴァレ」と、スーパータスカンの代表格である「オルネッライア」がタッグを組んだワイン『DVO』が日本上陸! 先日、ダラ・ヴァレのワインメーカーであるマヤ・ダラヴァレさんとオルネライアのアクセル・ハインツ氏によるセミナーが開催された。

『DVO』誕生のきっかけは、マヤさんの論文

「このワインのアイディアは、2015年からありました」と話すのはマヤさん。両ワイナリーは以前から親交があり、マヤさんは2013年にインターンとしてオルネッライアで修業。アクセル氏の下で働き、多くを学んだ後、フランスのボルドー・サイエンス・アグロでブドウ園とワイナリー経営学の博士号を取得した。修士課程に取り組んだ時、論文作成のメンターになったのも、アクセル氏だったという。

[ 関連記事を読む – スーパータスカン ]

「この時に書き上げた論文が、DVOのきっかけとなりました。論文ではナパ・ヴァレーの気候や地形などを深く掘り下げるとともに、どうすれば新しいブランドを確立できるのか、ということにフォーカスし、まとめたのです」

一方アクセル氏は、「ナパ・ヴァレーには何度も行く機会がありました。ロバート・モンダヴィ氏がオルネッライアを所有していた時期もありますし、シンポジウムで訪れたこともあり、いつかはナパ・ヴァレーでワイン造りがしたいと思っていました」と話す。

広告の後にも続きます

ファーストヴィンテージは2017年。しかし、少し難しいヴィンテージだったためリリースはせず、初リリースとなるのが、この『DVO 2018年』となる。

「ナパのワインでありながら、イタリアの心を持ったワインに仕上げたい」

ダラ・ヴァレはオークヴィルに自社畑を持っているが、DVOは買いブドウで造ることを選択した。

「ナパ・ヴァレーの特徴を持ちつつ、ヨーロッパ・イタリアのエレガントを兼ね備えたワインにしたい」ということを念頭に畑を選んだと言う。

「最初に浮かんだのは、ワインにリッチでパワフルなボディを与えるオークヴィルです。ナパらしさを追求する上では外せなかった。そこにマウント・ヴィーダーとクームズヴィルを選びました。マウント・ヴィーダーとクームズヴィルはやや涼しい地域のため、ハーブの香り、そしてピーンと張りつめた、凛としたニュアンスを与えます。ブレンディングによって、非常にタイトで緊張感のあるワインに仕上がるのです」

  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング(グルメ)

ジャンル