top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

かみ合わない2日間終え課題探しの週末へ 渋野日向子が挙げた“敗因”

ゴルフ情報ALBA.NET

かみ合わない2日間終え課題探しの週末へ 渋野日向子が挙げた“敗因”

<マイヤーLPGAクラシック 2日目◇17日◇ブライズフィールドCC(米ミシガン州)◇6556ヤード・パー72>

トータル4オーバー・129位タイで予選落ちが決定的になったラウンド後、渋野日向子は来週への課題について、「今から見つけます。いろいろとやることが多い」と話した。スコアメイクに苦労した2日間。その問題を“急きょできた”週末の時間を使い、クリアにしていく。


「75」を叩いた初日よりもまとまっていたのがティショット。本人も「昨日より安心感があった。フェアウェイキープができていた分、マネジメントもしやすいし、次のショットへ集中力を全て注ぐことができた」と改善を認めることができた部分だ。

数字を見ると、5つあるパー3を除く13ホールのフェアウェイキープは、前日が9ホールだったのに対し、2日目は10ホール。これだけをみるとさほど大きな差はない。ただ9番はフェアウェイに落ちたボールがランで左ラフまで転がっていったもの。2番パー4も、しっかりと2打目でパーオンに成功と、ラフに外した場合でも、その大半は悪影響を及ぼすものではなかった。また前日までと違い、右へ抜けていくような球も見られない。

しかし、チャンスを生かすことができなかった。例えば、5つあるパー5のうち、後半の4番は3打目で奥3メートルにつけるも実らず。さらに前半の14番では、2打目でドライバーを握るいわゆる“直ドラ”で、一気にグリーン前まで運び、ピンまでも15ヤードほどを残すのみの状況にした。そして、その後のアプローチも1.5メートルまで寄せたが、バーディにつなげることはできなかった。

ここは、ともにグリーン上で悔しい気持ちが表情に出た場面。「(チャンスに)ついたのはついたけど、なかなか決まらず、結局伸ばせもせんかった。残念です」と振り返るほかない。またティショットをラフに入れてしまった3ホールのうち、1番パー4では“致命傷”を負った。

ここはアゲンストの風も吹いていたこともあり、残り124ヤードの左ラフから7番アイアンでグリーンを狙った。しかし「思ったより強い球が出た」というボールは奥のバンカーへ。「あそこからは、(落下地点から)転がす距離的は手前よりあるけど、下りの傾斜なので止まらない。手前から攻めるべきでした。クラブ選択の問題かな」。3打目のバンカーショットは、無情にもグリーン手前のラフまで転がり落ち、ダブルボギーを叩いた。直前でバーディを奪っていただけに、悔しさも募る。

「パー5で(2打目が)届くところが3つくらいある。そこで2オンしてイーグルやバーディ、ラフでも3打目勝負で伸ばせるホールが多かった。でもチャンスにつけられないし、パッティングもまったく決まらない。パー5で伸ばせないと流れを作れない」

かみ合わないまま会場を後にし、週末はその一つひとつを精査し次につなげる作業に入る。そして週があけると、今季3つ目のメジャー大会「KPMG全米女子プロ選手権」(23日開幕、メリーランド州・コングレッショナルCC)が待っている。「気持ちよく振れていたかというとそうでもない。でも、そのなかでしっかりフェアウェイキープはできた。昨日より修正できていた点だと思う」。このような“昨日より修正できた”ポイントを、今は1つずつ増やしていくよりほかはない。(文・間宮輝憲)


TOPICS

ランキング(スポーツ)

ジャンル