top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

シニアツアーで首位発進のD・スメイルの組につく女の子を発見! その正体は?

ゴルフ情報ALBA.NET

シニアツアーで首位発進のD・スメイルの組につく女の子を発見! その正体は?

<スターツシニアゴルフトーナメント 初日◇17日◇スターツ笠間ゴルフ倶楽部(茨城県)◇6932ヤード・パー72>

「スターツシニア」の初日、ニュージーランドのデービッド・スメイルが1イーグル・6バーディ・ボギーなしの「64」をマークし、藤田寛之、タワン・ウィラチャン(タイ)と並んで首位に立った。スメイルの組に妻のシェリーさんと一緒について歩く長身でエキゾチックな顔立ちの女の子を発見。娘さんかと思いきや、その正体はスメイルの教え子、伊藤真利奈(まりな)だった。


伊藤はロシア人の母を持つ、北海道恵庭市出身の23歳。畑岡奈紗や渋野日向子と同じ98年度生まれの黄金世代だ。昨年はアマチュアとして「北海道女子アマ」に制し、3度目の「日本女子アマ」出場を果たした。今年は北海道から千葉に拠点を移してプロ宣言。プロテスト合格を目指している。スメイルとは、北海道にいたスメイルの友人を介して4年前からコーチを頼むようになった。そんな伊藤に話を聞いた。

「基本は練習する毎日ですけど、たまに自分を客観的に見るために、人のゴルフを観た方が勉強になるかなと思ってきました。観に来たのは今年で2回目。デービッドは私より上手いので完璧に真似できるわけではないですけど、攻め方とか見ていて勉強になります。きょうはミスショットが出ても、2メートルのパーパットとかを入れられたのが良かった。耐えるところは耐える。そういうところが大事だと思うので、自分のプレーにも生きそうです」

いまは千葉でスメイルに教わることが多いが、コロナ禍になる前、冬の間の4カ月ほどニュージーランドで過ごしたことがある。コロナで渡航が難しくなってからは、スメイルがときどき北海道に来て伊藤を教えていた。

千葉に拠点を移したことで、スメイルに教わる時間が増え、プロ宣言したことで試合数も増えた。「いままではずっとアマチュアだったので、日本アマくらいしか試合がなかった。いまは大きな試合ではないんですけど、アマチュア時代に比べたらたくさんの試合に出れていて、いい経験ができています」

レギュラーツアー通算5勝のスメイルから学び、女子ツアーの世界に羽ばたく日は近いかもしれない。

TOPICS

ランキング(スポーツ)

ジャンル