top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

「ちぐはぐなラウンド」でも首位と5打差 松山英樹「いい位置で回れるようにがんばりたい」

ゴルフ情報ALBA.NET

「ちぐはぐなラウンド」でも首位と5打差 松山英樹「いい位置で回れるようにがんばりたい」

<全米オープン 2日目◇17日◇ザ・カントリークラブ(米マサチューセッツ州)◇7264ヤード・パー70>

2日間「70」を並べて首位と5打差のトータルイーブンパー・24位タイで決勝ラウンドにコマを進めた松山英樹。この日は「ちぐはぐなラウンド」と評したが、「悪くないポジションだと思う」と週末へ向かう。


2番パー3でティショットをグリーン手前の深いラフに入れ、アプローチを6メートルオーバーして、ボギーが先行。305ヤードの5番パー4は、ドライバーで打った1打目はキャリーでグリーンをキャッチしたが奥のラフまで転がる。そこから寄せきれずにパー。8番パー5では2メートルのバーディパットがカップ手前で切れてパーと、1つ落としたまま折り返した。

後半に入ると11番パー3で4メートルのスライスラインをきれいに流し込んでこの日初バーディ。12番パー4は、左のラフからの2打目を3メートルに乗せ、下りのパットを沈めて2連続で取り戻した。だが、13番は5メートルのパーパットを外して一つ落とす。17番パー4では1.5メートルのバーディパットがカップに蹴られてパーに終わるホールもあり、この日は2バーディ・2ボギーの「70」で終えた。

ショットもパットも、ともに「いいところもあれば悪いところもあって」と振り返る。チャンスを演出するショットを打ったり、ピンチをしのぐ場面も多くあったが、逆にチャンスをものにできないところもあり“ちぐはぐ”と評した。

この2日間のフェアウェイキープ率は54%で全体66位タイだが、パーオン率は69%で16位タイとグリーンをとらえる確率は高い。パッティングに関しては「まあ入っていないですけど、そんなに悪くないと思います。あしたあさって入ればいいかなと思っています」と話した。

チャンスを外しても心は動かない。「一打一打集中しているので」。世界一過酷な大会ともいわれる全米オープンの戦い方は熟知している。「(最終日に)いい位置で回れるように頑張りたい」と残り36ホールを戦う。

TOPICS

ランキング(スポーツ)

ジャンル