top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

織田裕二、世界陸上からの“引き際”遅すぎた? 存在感が薄くなったワケ

リアルライブ

 7月16日(日本時間)に開幕する陸上の世界選手権(米・オレゴン州)を中継するTBSはこのほど、メインキャスターを俳優の織田裕二とフリーアナウンサーの中井美穂が13大会連続で務めることを発表した。

 2人は1997年のアテネ大会以来25年にわたってキャスターを務めてきた。記事によると、今回の地上波放送は日本時間の早朝から昼の時間帯を中心に行われる決勝種目をライブで放送する。10日間の総放送時間はおよそ70時間を予定。

 1カ月後の開幕に向けて番組公式ホームページやSNSで最新情報や選手情報、往年のスーパースターのパフォーマンスや2人の懐かしの名シーン、さらに「織田裕二プレゼンツ」の企画などを随時発信するという。

 ​>>坂上忍の「おい!織田!」呼ばわりに視聴者騒然? 織田裕二とは旧知の仲だった<<​​​

 織田は、「メインキャスターとして長い間、アスリートたちの人間ドラマを見続け、伝えてきました。参加するすべてのアスリートや彼らを支える関係者のみなさま、番組を楽しみにしている視聴者のみなさまへ向けて、25年の集大成として、感謝と思いを込めて、熱く伝えていきたいと思います」とコメントを寄せている。

 「これまでは、かなり長時間にわたって競技を中継していたが、日本人選手が圧倒的に少なく、ほとんどメダル争いにも絡めないので大会を重ねるごとに視聴率がどんどん下がってきた。それを考えて、今大会は大幅に短縮しての放送となったのだろう」(テレビ局関係者)

 そして、キャスターを務める織田だが、〝引き際〟が遅すぎたようだ。

 「かつての中継では、大はしゃぎで数々の〝名(迷?)言〟も生まれた織田だが、07年の大阪大会ではしゃぎ過ぎてTBSが陸連から抗議を受けて以来、大会を重ねるごとにおとなしくなってしまい、淡々と仕事をこなすようになり、存在感が薄れた。もっと早く後任に譲るべきだった」(芸能記者)

 誰が織田の後任でキャスターを務めるかが注目される。

TOPICS

ランキング(エンタメ)

ジャンル