top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

小柳ルミ子に「巨額慰謝料」を突き付けられた大澄賢也「苦悩の2週間」/壮絶「芸能スキャンダル会見」秘史

アサ芸プラス

 緊張した面持ちで言葉を選ぶ大澄。慰謝料について聞かれると、複雑な心境を吐露。

「2週間、考えました。大変な額で何年かかるかはわかりませんが、10年をメドに…」

 その険しい表情からは、小柳から突き付けられた慰謝料が億を下らないであろうことが、容易に想像できた。

 結果、この会見を最後に、2人の離婚問題には終止符が打たれたが、具体的な慰謝料について語られることはなかった。

 だが近年になり、テレビ番組に出演した小柳は、1億円と言われた慰謝料について、

広告の後にも続きます

「ごめんなさい。これは、私、墓場まで持っていきたいんです」

 一方の大澄も、バラエティー番組で、

「ある意味、冷静な自分を見失っていたかもしれません」

 と答えている。

 ただ、結婚記念日を選んで離婚届を提出した小柳に、女の執念を感じずにはいられなかった。

(山川敦司)

1962年生まれ。テレビ制作会社を経て「女性自身」記者に。その後「週刊女性」「女性セブン」記者を経てフリーランスに。芸能、事件、皇室等、これまで8000以上の記者会見を取材した。「東方神起の涙」「ユノの流儀」(共にイースト・プレス)「幸せのきずな」(リーブル出版)ほか、著書多数。

  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング(エンタメ)

ジャンル