top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

小柳ルミ子に「巨額慰謝料」を突き付けられた大澄賢也「苦悩の2週間」/壮絶「芸能スキャンダル会見」秘史

アサ芸プラス

「記念日はひとつに統一したほうが覚えやすいし、まあ、その程度です」

 2000年1月14日、離婚記者会見を開いた小柳ルミ子は、離婚届を提出した日が、結婚記念日と同じ1月6日だったことを質問され、こともなげにそう答えた。

 小柳が13歳年下のバックダンサー・大澄賢也と結婚式を挙げたのは、89年。結婚式の最中には7回キスを交わし、披露宴後の記者会見でも「いつも体の一部をくっつけていないと不安なの」と、アツアツぶりを披露したものだ。

 ところが8年後の97年1月6日、突然、大澄が「不貞をしていた」と告白。自宅を飛び出して別居生活が始まったが、小柳は「絶対に離婚しません」と宣言し、頑として離婚に応じることはなかった。

 しかし、大澄の決意は変わらず、別居から3年目となる2000年、ついに2人は11年間の結婚生活に幕を下ろしたのだった。

広告の後にも続きます

 だが、この記者会見で小柳の口から語られた、離婚についての条件が凄かった。

「バラエティーなどのタレント活動をやめて、まったく無名のダンサーとしてやっていくか。それとも今のまま働いて、私に慰謝料を払ってくれるか。彼は慰謝料を選んだんです。男として、社会人として、自分のしたことには自分で責任を取ってほしい。社会はそんなに甘くないですから」

 こう語る彼女の言葉に、報道陣からどよめきが起こったものだ。

 一夜明けた15日。仕事先のイタリアから帰国した大澄も緊急記者会見を開き、

「彼女に子供を生んでもらうのが、夫婦としての唯一のことだった。でもそれを否定され、ただのパートナーなのかと…。この時に、別れた方がいいと決心したんです。後悔はないです。彼女のことが重い存在でした」

  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング(エンタメ)

ジャンル