top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

「本当に苦しい一日」渋野日向子はショット不調で3オーバーの出遅れ

ゴルフ情報ALBA.NET

「本当に苦しい一日」渋野日向子はショット不調で3オーバーの出遅れ

<マイヤーLPGAクラシック 初日◇16日◇ブライズフィールドCC(米ミシガン州)◇6556ヤード・パー72>

3戦連続予選落ちから17位タイでフィニッシュした前週とは打って変わって厳しいゴルフとなった。渋野日向子は2つのバーディを奪うも5つのボギーを喫して「75」。伸ばしあいの展開となるなか、3オーバーと出遅れるかたちとなった。


いきなりつまずいた。出だしの1番で1メートルのパーパットを外すと、2番ではアプローチを寄せられず連続ボギー。さらに6番でもアプローチを寄せきれず、前半だけで3つ落として折り返す。

後半の11番で6メートルを沈めてこの日最初のバーディが来たが、12番ですぐさまボギー。その後も波に乗れず15番でもボギーを喫したが、18番パー5で2オンに成功すると2パットにまとめてバーディ締め。何とか明日に向けて笑顔で終えた。

「ショットもかなり荒れていましたし、なかなかチャンスにつく回数もなかったので、本当に苦しい一日でした」と振り返る1日。「右へのミスがかなり多かった。そこからラフに引っ掛けて左にもミスしました。スイングについて考えざるを得ない感じでしたね」。前週はマネジメントに集中して好結果を生んだが、この日はそれ以前だったと話した。

予選通過へは猛チャージが必要となる。「あしたはもっとタフな状態だと思う。この位置だとなかなか予選通過も厳しい。いいゴルフができるように頑張りたい」。次週には海外メジャー「KPMG全米女子プロゴルフ選手権」が控えるだけに、まずは納得のできる18ホールを目指していく。


TOPICS

ランキング(スポーツ)

ジャンル