top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

栗山千明“常識はずれの天狗ぶり”に猛バッシング「さんまや出川哲朗を見習え」

週刊実話WEB

栗山千明 (C)週刊実話Web

6月4日に行われた「第71回金沢百万石まつり」で、前田利家公の正室・お松の方に扮した女優の栗山千明が、主催者側に〝常識はずれの条件〟を提示していたとしてバッシングを受け、謝罪に追い込まれた。

祭りの目玉は、30万人以上の見物客が詰めかけた金沢の街を、利家公とお松の方に扮した著名人が練り歩く「百万石行列」。コロナ禍の影響で3年ぶりの開催となった今年は、竹中直人と栗山が、その大役を担っていた。

【関連】栗山千明にアニオタ激怒!「アニメオタクを名乗らないで」「本業で頑張れよ」 ほか

豪華絢爛な行列の様子を撮影することも観客の楽しみのひとつで、毎年フォトコンテストも開かれていたというが、今年は栗山サイドが〝撮影禁止〟を要求。さらに、SNSに写真がアップされた場合、「24時間以内に削除要請をしろ」「削除要請をしなかった場合、1件につき100万円を要求する」という、とんでもない条件を祭りの運営側に提示していたと『週刊女性』がスクープしたのだ。

このニュースが報じられた途端、ネットは大荒れに。

《だったら引き受けるなってこと。ギャラ税金だよ》

広告の後にも続きます

《栗山さんの後ろにいた事務所の社長らしい者が、やたらと、沿道の人を指差し、周りの人に指示を出していました。たぶん、あいつ写真撮ってるとか、あれあれスマホスマホ!的な感じで(中略)沿道の人たちは皆がっかりで、なんで、なんでって皆困惑でした》

《栗山千明って事務所独立してるから本人の意向だよね。最初から断ったら良かったのにね》

《まぁ私は田舎者なので、正直二度と来てくれるな、何様のつもり? 少なくとも私の周りもそう思っています》

《栗山千明レベルで何を言ってるんだって言う感じ。明石家さんまや出川哲朗を見習え》

「めちゃめちゃ印象悪い」

さらに、栗山が日焼け対策のために、和傘の下に真っ黒な日傘まで差していたことにも批判が集中している。

《和傘の下に洋傘(日傘)さしてて、情緒も何もなかった》

  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング(エンタメ)

ジャンル